ABB、EV充電器の新工場に投資し、米国の製造拠点を拡大

ABB、EV充電器の新工場に投資し、米国の製造拠点を拡大

  •  投資により、ABB E-モビリティは電気自動車用充電器に対する市場の需要増に対応
  •  サウスカロライナ州コロンビアの製造事業は、お客さまのより近くにサプライチェーンを構築し、100人以上の雇用を創出
  •  米国で製造される充電製品は、早ければ2023年に公共ネットワーク、スクールバス、フリート市場に投入予定

電気自動車(EV)充電インフラのリーダーであるABB E-モビリティは本日、サウスカロライナ州コロンビアでの新しい製造拠点への投資により、世界および米国の製造拠点を継続的に拡大すると発表しました。

今回の数百万ドルの投資により、バイ・アメリカン法に対応した製品を含む電気自動車用充電器の製造が増加し、100人以上の雇用が創出される予定です。新工場では、高速道路、公共充電、スクールバス、フリートなどに最適な出力20kW~180kWの充電器を年間最大10,000基製造可能です。

この事業は、出力150kW~450kWの輸送バス用充電器を製造しているABB E-モビリティの既存の米国製造事業を拡大するものです。今回の拡張により、米国市場の需要への対応力を高め、より効率的なローカライズされたサプライチェーンを構築し、納期を短縮することができます。

「2030年までに1,800万台のEVが米国の道路を走行すると予想されており、米国のe-モビリティ分野への投資の必要性はかつてないほど高まっています。米国での製造事業を拡大することで、お客さまへのサービスを向上させ、自家用車から公共交通機関、フリートまでのEV普及を促進することができます」とABB E-Mobility北米のバイスプレジデントであるBob Stojanovicは述べています。「サウスカロライナ州の施設は、持続可能な輸送エコシステムのあらゆる部分のニーズを満たす高品質で信頼性の高いEV充電ソリューションにより、当社が米国のe-モビリティ経済を前進させていることを示すもう1つの例です」

超党派のインフラ法およびインフレ削減法は、自家用車、スクールバス、輸送バス、商用車、公共充電器の全国ネットワークの構築など、輸送の電化に変革的な投資を行っています。米国は、自動車OEMとともに、2030年までに米国の新車販売台数の半分を電気自動車にするという野心的な目標を設定しました。

この投資により、ABB E-モビリティは、EV充電の国内製造基盤を構築するという米国の目標を達成するための能力を増強します。サウスカロライナ州で製造されるEV充電器は、連邦高速道路局(FHWA)が提案するEV充電器のバイ・アメリカン法の枠組みと、国家電気自動車インフラ(NEVI)プログラムの要件を満たします。

この製造拡大は、ABB E-モビリティによる米国に重点を置いた一連の重要な発表の中で最新のものであり、2024年以降も継続的な投資が計画されています。サウスカロライナ州の施設に加えて、ABB E-モビリティはテキサス州シュガーランドにトレーニングセンターを、南カリフォルニアにR&D施設を開設すると2022年7月に発表しました。

今年、ABBはEV商用充電インフラソリューション企業であるInCharge Energyの経営権を取得し、ABBのスマートでコネクテッドなEVオファリングを拡充しました。さらに、ABBはEV充電ソフトウェアプロバイダであるChargeLabにも投資しました。

2010年以降、ABBは米国に140億ドルを投資し、工場拡張、業務改善、最先端機器、製品、人材を提供しており、ABBにとって米国は最大の市場となっています。40以上の製造・流通施設に約2万人の従業員を擁するABBは、雇用創出、イノベーション奨励、より生産的で持続可能な未来を実現する産業を通じて、全米で投資、成長、サービス提供をしています。

ABB (ABBN: SIX Swiss Ex) は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするテクノロジー企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、105,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。 www.abb.com

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp