ABB、クラス最高レベルの可搬質量と精度を備えた最小の産業用ロボットを発表

  •  ウェアラブル スマート デバイスに対する消費者の高まる需要を満たすように設計された新しい IRB 1010
  •  1.5kgの可搬質量に対応するクラス最高精度のロボットで、市場にある同クラスのロボットと比較して可搬質量を50%向上
  • OmniCore E10コントローラによって消費エネルギーを20%削減、エネルギー効率の向上とコスト削減に貢献

ABBは、ウェアラブルスマートデバイスのより高速で、より柔軟で、高品質の生産のための新しい可能性を提供する、これまでにない最小の産業用ロボットを発売しました。重量、比類のない精度により、新しいIRB 1010は電子機器メーカーに、スマートウォッチ、イヤホン、センサ、ヘルストラッカーなどのデバイスの自動化による増産の機会を提供します。

ABBロボティクスのエレクトロニクスビジネスラインのマネージングディレクターであるRui Liangは、「ウェアラブルスマートデバイスの市場は急速に加速しており、2022年から2028年の間に2桁成長すると予測されています」「この成長に対応するため、企業は電子機器製造ラインの狭い生産スペースに適したコンパクトなロボットソリューションや、ウェアラブルデバイスに使用される小型部品を正確に扱うことができるロボットを求めています。可搬重量1.5kgのこのクラスで最も正確なロボットとして、当社のIRB 1010はこれらの要求を満たし、企業が最高レベルの製品品質を維持しながら生産高と生産性を最大化することを可能にしています」と述べています。

IRB 1010 は、エレクトロニクス製造環境に典型的な狭いスペースや専用機に適合するように設計されています。IRB 1010はリーチ370mm、フットプリント135mm×250mmで、ABBの現行最小ロボットIRB 120より30%小さくなっています。このコンパクトなサイズにより、生産スペースに設置できるセルの数が増え、工場の高密度化により生産量を増加させることができます。

IRB 1010は最大1.5kgの荷重を扱うことができ、同クラスのロボットと比較して最大3倍の重量を持ち上げることができるクラス最高の可搬重量を備えています。この可搬重量の増加と、真空吸引力を高める大径のエアホースを組み合わせることで、複数のオブジェクトを同時に処理できるようになり、1 時間あたりにより多くのオブジェクトを処理できるようになります。また、フィルム剥離、マテハン、組立、接着、検査などの新しいアプリケーションの可能性を広げます。

  • IRB 1010はABBで最も小さな産業用用ロボットです
  • 精密でパワフル、そしてコンパクトなIRB 1010は、ウェアラブルデバイスの需要の高まりに対応するために設計されました
  • IRB 1010はクラス最高レベルの可搬重量と精度を実現
  • IRB 1010はコンパクトなサイズなので、狭い生産ラインにも多くのロボットを設置することができます
  • 小型で使いやすいIRB 1010は、教育機関に最適です
  • IRB 1010は、ABBの最新の小型産業用ロボットです
  • OmniCore E10コントローラで消費電力を20%削減

また、ロボットアームが停止してもその位置を保持できる6つのブレーキシステムを搭載することで、生産性をさらに高めています。停止または一時停止後にロボットが位置を回復するのに必要な時間をなくすことで、より迅速に生産を再開することができ、IRB 1010 は同クラスの他のロボットよりも短い時間でより多くの作業を行うことができます。

IRB 1010の高精度の鍵となるのはABBのOmniCore™ E10コントローラで、クラス最高の0.01mmの位置繰り返し精度を実現しています。このコントローラは、そのスリムな設計により、生産セルサイズを最小化する必要があるアプリケーションでの小部品の組み立てに適しています。また、デジタル接続機能を内蔵し、1000以上の機能を追加することで容易に拡張できるなど、変化する要件に柔軟に対応できるコントローラです。

ABBの従来のIRC5Cコントローラと比較して、消費電力を最大20%削減したOmniCore E10は、メーカーのエネルギーコストの削減とエネルギー効率の向上をも可能にします。

center

プログラミングを簡易化するRobot Control Mate

IRB 1010のプログラミングは、ABBのRobot Control Mateで簡単に行うことができます。ABBのRobotStudio®プログラミングソフトウェアのアドインとして提供されるRobot Control Mateは、プログラミングのスキルを必要とせず、パソコンやモバイルタブレットからIRB 1010の移動、ティーチング、較正を可能にします。

また、このシンプルなプログラミングとIRB 1010の小型化により、教育用途にも新たな可能性が広がっています。IRB 1010はコンパクトな設計のため、教室の机上に設置することができ、また、使いやすいため、先生も生徒もプログラミングや操作に必要なスキルを短期間で習得することができます。

IRB 1010は、ABBの多関節型産業用ロボットの包括的な製品ラインアップを補完するもので、小型、中型、大型のあらゆるオプションを備え、作業者とともに安全に作業できる協働ロボットも増えています。

詳細については、www.abb.com/roboticsをご覧ください。

ABB ロボティクス & ディスクリート・オートメーション は、ロボティクス、マシンオートメーション、デジタルサービスのパイオニアとして、自動車、エレクトロニクス、ロジスティクスなど、多様な業界に革新的なソリューションを提供している企業です。世界有数のロボットおよびマシン・オートメーションサプライヤとして、当社は50万台以上のロボットソリューションを出荷してきました。あらゆる規模のお客さまが、生産性、柔軟性、簡便性を高め、出力品質を向上させることができるよう支援します。私たちは、未来のコネクテッド&コラボレーティブ・ファクトリーへの移行をサポートします。ABB ロボティクス & ディスクリート・オートメーションは、53カ国以上100カ所以上で11,000人以上の従業員を擁しています。

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp