ABBは上海に最新鋭のロボットメガファクトリーを開設

ABBは上海に最新鋭のロボットメガファクトリーを開設

  •  1億5000万ドルを投資した67,000 m2の新しいロボット施設
  •  デジタル技術とオートメーション技術を駆使した次世代ロボット生産施設とお客さまとのコラボレーションセンター「オープンラボ」
  •  新工場とR&Dセンターで、中国におけるABBのロボティクスとオートメーションのリーダーシップを強化

本日、ABB は、中国上海市康橋区に最先端の完全自動化されフレキシブルなロボット工場を正式に開設しました。67,000m2 の生産および研究施設は、ABB による 1 億 5,000 万ドル (11 億人民元) の投資を表しており、同社のデジタルおよび自動化技術を展開して次世代ロボットを製造し、中国における ABB のロボティクスおよび自動化のリーダーシップを強化します。

ABBロボティクス&ディスクリート・オートメーションプレジデントのサミ・アティヤは、「中国での30年にわたる成功に基づき、新しいメガファクトリーを開設することは、自動化の新時代において、お客さまの持続的成長、労働力不足への対応、価値の高い雇用の創出を支援するための新たなマイルストーンです」と述べています。「当社の革新的で自動化されたフレキシブルな工場は、"in China, for China "という当社の戦略において重要な役割を果たし、当社のバリューチェーン全体をここで強化するものです。売上の90%以上をこの工場が支えており、この新しい施設は、中国のお客さまが、より現地で作られた製品、ソリューション、サービスを生み出すのに役立つでしょう」

ABBは、世界のロボット市場が現在の800億ドルから2025年には1300億ドルに成長すると予測しています。世界最大のロボット市場である中国は、2021年に世界のロボット設置台数の51%を占め、稼働台数も100万台を突破します。

この施設では、物理的な世界とデジタルの世界を融合させ、バーチャルプランニングと生産管理システムを活用し、データの収集と分析を通じてパフォーマンスを向上させ、生産性を最大化するデジタル製造エコシステムを構築しています。従来の固定された組立ラインは存在せず、代わりに柔軟なモジュール式の生産セルがデジタル接続され、ネットワーク化され、インテリジェントな自律移動ロボットがサービスを提供するのです。AIを搭載したロボットシステムは、ネジ打ちや組立て、マテハンなどの作業を請け負い、これらの作業から人を解放し、よりやりがいのある仕事を可能にします。

ABBロボティクスプレジデントのマーク・セグーラは、「この製造・研究開発施設は、柔軟な自動化によって生産と物流がより弾力的になり、より速く、より効率的になるという、未来の工場のビジョンを実現するものです。ABBロボティクスは、このビジョンを実現するために必要な技術や知識を提供します」と述べています。「この施設は、柔軟でモジュール化された最新のインテリジェントな製造に対する当社のコミットメントを体現しており、よりスマートなロボティクスを実現するためのAI学習技術への当社の注力を表しています。新しい研究開発施設では、企業と新しいソリューションを共同開発し、世界最大のロボット市場における自動化の新時代に備えます」

敷地面積8,000m2の研究開発センターでは、自律移動、デジタルツイン、マシンビジョン、ローコードプログラミングソフトウェアなど、人工知能(AI)、デジタル化、ソフトウェアにおける新しいイノベーションを生み出し、ロボットをよりインテリジェント、柔軟に、安全かつ使いやすくすることを目指しています。

  • この施設では、物理的な世界とデジタルの世界を融合させ、バーチャルプランニングと生産管理システムを活用し、データの収集と分析を通じてパフォーマンスを向上させ、生産性を最大化するデジタル製造エコシステムを構築しています。
  • この施設では、物理的な世界とデジタルの世界を融合させ、バーチャルプランニングと生産管理システムを活用し、データの収集と分析を通じてパフォーマンスを向上させ、生産性を最大化するデジタル製造エコシステムを構築しています。
  • この施設では、物理的な世界とデジタルの世界を融合させ、バーチャルプランニングと生産管理システムを活用し、データの収集と分析を通じてパフォーマンスを向上させ、生産性を最大化するデジタル製造エコシステムを構築しています。

ABBの「オープンラボ」でパートナーやお客さまと共同開発したこれらのイノベーションは、新エネルギー自動車(NEV)、物流、ヘルスケア、食品・飲料などの新しい分野における柔軟な自動化の新しい可能性を引き出すのに役立つでしょう。2005年以来、学校および大学との既存のパートナーシップを通じて、中国で100万人以上を訓練してきました。新しいサイトでは、パートナーおよびエンドユーザーがオートメーションの新時代で成功するためのスキルを準備し、提供し続けていきます。

「ABBロボティクスは約30年前に中国市場に参入して以来、自動車、エレクトロニクスから金属、プラスチック、物流に至るまで、あらゆる分野のお客さまをサポートしてきました。現在、私たちは新しいメガ工場によって、中国における自動化の需要、特に新エネルギー車製造、ウェアラブル電子機器、レストラン、ヘルスケア、eコマース、小売、サービスロボットなどの新しいセグメントの急増に対応することができます」と、ABBロボティクスディビジョン中国担当プレジデントのルイ・ヤンは述べています。

この工場は、7月にオーストリアにオープンしたマシンオートメーションのための新しいグローバルイノベーションとトレーニングキャンパス、9月にベルリンにオープンしたラーニングファクトリー4.0に続き、今年オープンした最新のABBロボティクス&ディスクリート・オートメーションの施設となります。

ABBは中国の130以上の都市で15,000人以上の従業員を雇用しており、中国はABBの最も重要な研究開発および製造拠点の1つであり続けています。ABBロボティクスの世界3工場の1つとして、既存拠点に代わる上海の新拠点は、アジアのお客さまをサポートします。スウェーデンのヴェステロース工場は欧州のお客さまに、ミシガン州のオーバンヒルズ工場は北南米のお客さまに製品を供給しています。

ABBは、エレクトリフィケーションとオートメーションのテクノロジーリーダーであり、より持続可能で資源効率の高い未来の実現を目指しています。ABBのソリューションは、エンジニアリングのノウハウとソフトウェアを結び付け、製造、移動、電力供給、それらの運用の方法を最適化します。130年以上にわたり築いてきた卓越性を土台に、ABBの約105,000人の従業員が、産業の変化を加速させるイノベーションの推進に尽力しています。www.abb.com

ABBロボティクス&ディスクリート・オートメーションは、ロボット、自律型移動ロボット、マシンオートメーションソリューションを網羅し、価値を創造するソフトウェアによって設計、編成された包括的かつ統合的なポートフォリオを持つ唯一の企業です。自動車からエレクトロニクス、ロジスティクスまで、あらゆる規模、あらゆる分野の企業が、より弾力的で柔軟、かつ効率的になるための支援を行っています。ABBロボティクス&ディスクリート・オートメーションは、未来のコネクテッド&コラボレーティブな工場への移行を目指すお客さまをサポートします。このビジネスエリアは、53カ国以上、100以上の拠点で11,000人以上の従業員を擁しています。 go.abb/robotics

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp