フォーミュラEのエネルギー効率向上を促進するABBの技術

フォーミュラEのエネルギー効率向上を促進するABBの技術

  •  ABB Ability™ OPTIMAXエネルギー管理ソフトウェアをシーズン9に完全導入
  •  フォーミュラEの革新的なソリューションにより、世界各地のレース場におけるエネルギー使用量の監視、分析、最適化が可能に
  •  技術解説の動画はこちらからご覧いただけます

ABBは今年、革新的なエネルギー管理ソフトウェアソリューションABB Ability™ OPTIMAXをABB FIAフォーミュラE世界選手権に統合し、レースシリーズのトラック運営におけるエネルギー効率の最大化を支援します。

ABBが公式充電パートナーであるオールエレクトリックレースシリーズのシーズン9が今週末のメキシコシティで始まり、ABB Ability™ OPTIMAXがライブレース環境で使用される予定です。ABB Ability™ OPTIMAXは、シーズン8でのトライアルの成功に続き、チャンピオンシップのエンジニアがレースごとの総エネルギー出力を監視・分析し、より効率的な利用を促進することができるようになります。

開催会場には最大14個のメーターボックスが設置され、チームや他のレースパートナーがその瞬間にどれだけの電力(キロワット)を使っているか、一定時間内にどれだけの電力(キロワットアワー)を消費したかのデータが収集されます。この情報は、マイクロソフト Azureのクラウドを経由してレースコントロールにフィードバックされます。また、テレビ放送室、E-Villageファンゾーン、メディアセンター、ケータリング施設、パドック、チームのピットガレージを含むE-Prix会場全体の消費量も監視されます。

ABBフォーミュラEパートナーシップの責任者であるダニエラ・ルジャニンは、次のように述べています。「ABBにとってフォーミュラEとのパートナーシップは、常にレース以上のものであり、革新的な技術の実験場でもあります。エネルギー効率は、排出量の削減と持続可能性の目標達成の鍵となります。ABB Ability™ OPTIMAXは、今シーズンから本格的に導入され、チャンピオンシップ内での改善を支援します」

フォーミュラEでは、様々なストリートサーキットが使用されるため、様々な場所で様々な電源を使用しなければならないという課題があります。ABB Ability™ OPTIMAXは、レース場のすべての電力をライブで可視化する中央ダッシュボードでこの問題に対処し、フォーミュラEの技術チームが電力源に関係なく、現場のすべての活動をより効率的に行えるようにするための支援を行っています。

フォーミュラEのCEOであるジェイミー・レイグルは、次のように述べています。「設立以来、ネット・ゼロ・カーボンと認定された最初のスポーツとして、我々は常にシリーズを可能な限り持続可能なものにするためのより多くの方法を探しています。ABB Ability™ OPTIMAXを使うことで、エネルギー消費量をよりよく監視し、どこを節約できるかを確認することができます」

ABB FIAフォーミュラEシーズン9は、今週1月14日にメキシコシティで開幕します。 シーズンカレンダーは、新たな開催地を含む世界11カ所、16レースで構成されています。ハイデラバード、ケープタウン、サンパウロ、ポートランドが新たに開催地として加わりました。

ABBは、エレクトリフィケーションとオートメーションのテクノロジーリーダーであり、より持続可能で資源効率の高い未来の実現を目指しています。ABBのソリューションは、エンジニアリングのノウハウとソフトウェアを結び付け、製造、移動、電力供給、それらの運用の方法を最適化します。130年以上にわたり築いてきた卓越性を土台に、ABBの約105,000人の従業員が、産業の変化を加速させるイノベーションの推進に尽力しています。www.abb.com

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp