Global site

ABBのウェブサイトはcookiesを利用しています。このサイトをクリックすることでCookiesの利用に同意したとみなします 詳しく知る

WirelessHART®  ネットワーク:
プロセス制御への考察を曇らせる
7つの神話

Measurement made easy

ABB株式会社 計測・分析機器事業部

技術的なご相談、お見積、簡単な質問までお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

このページをシェアする

WirelessHARTネットワークに関する誤った情報が、プロセス産業の多くの計測エンジニアの間で広まっています。
本論文は、これらのネットワークに関する7つの神話を論破することによって、そのような記録を直そうとするものです。

Myth: Wireless in unsafe1. WirelessHART は安全でない

それは嘘です。WirelessHARTは安全です。しかし、なぜそうなのでしょう? いろいろなツールがこれを実現しています。

EncryptionWirelessHARTネットワークは、通信を常に暗号化します。ネットワークは128ビットのAES暗号化システム(Advanced Encryption Standard)を使用しており、これは有線通信のいくつかの分野において標準になっています。暗号化を無効にすることはできません。

WirelessHARTゲートウェイのセキュリティマネージャは、次の3つのパラメータを管理します。

  • ネットワーク ID

     

  • Joinキー

     

  • セッションキー

WirelessHARTトランスミッタをネットワークに統合するには、ネットワークIDとJoinキーが必要です。これらが入力されると、トランスミッタはまず正しいIDを持つネットワークを検索します。もしそのようなネットワークを見つけたら、鍵を設定した"Join Request"メッセージを送ります。WirelessHARTゲートウェイは、トランスミッタのJoinキーをチェックします。もし正しければ、ネットワークはトランスミッタを受け入れます。セッションキーは通信を暗号化します。すべてのネットワーク加入者は、別々のセッションキーを取得します。したがって、Joinキーを使ってネットワークに受け入れることは可能ですが、他の加入者の暗号化された通信を解読することはできません。

アクセスリストコミッショニング完了後は、ネットワーク新規加入者の受付を無効にすることができます。このようにして、ネットワークIDとJoinキーが正しくても、新しいネットワーク加入者をネットワークに統合することはできません。新規加入者を統合するには、この機能を無効にするか、ネットワーク加入者のUID (Unique Identifier = 特定の連番)を手動でゲートウェイに入力します。ゲートウェイの加入者リストに現れないネットワーク加入者は、メッセージが転送されるときに他のネットワーク加入者によっても無視されます。

Joinカウンタ WirelessHARTトランスミッタがネットワークに統合されると、Joinカウンタにこの情報を記録します。機器が再始動され、同じネットワークに参加する場合、Joinカウンタは増加します。ネットワーク加入者とゲートウェイの両方にJoinカウンタがあります。それらは読み出せません。機器がゲートウェイと一致しないJoinカウンタを持つネットワークに統合しようとすると、ゲートウェイはそれを拒否します。その結果、たとえ両方が同じUIDを持っていても、これに認知されないと、ある機器を別の機器に置き換えることはできません。

ナンスカウンタ各送信メッセージには、ナンスカウンタがあります。これは、とりわけ、これまで送信されたUIDとトランスミッタによって送信されたメッセージの数から構成されます。各メッセージは、このメカニズムで一意にマークされます。メッセージが再度再送されるために傍受された場合、それは時代遅れとして識別され、したがって拒否されます。このテクニックは、通信におけるあらゆる操作を妨害します。

ネットワークパラメータの変更 ネットワークパラメータ、ネットワークID、およびJoinキーは、ゲートウェイ自体またはサービスインタフェースまたはディスプレイを介したWirelessHARTトランスミッタでのみ変更できます。ネットワーク加入者やハッカーはこの情報を変更できません。

Myth 2: Wireless is too expensive2. WirelessHART ネットワークは
コストが高すぎる

はい。WirelessHART機器は有線HART機器より高価です。しかし、もっと重要なことは、通信投資全体のコストをどのように比較するかということです。

WirelessHART機器は、以下の理由により、より高価です。

  • 電池寿命を長くするための超低電力エレクトロニクスを搭載しています

     

  • 防爆対策が必要です
  • 高周波部品を使用しています

しかし、機器だけでなく、ソリューション全体を考慮しなければなりません。解決策は、エンジニアリング時間、作業時間、材料にあります。

有線機器のインフラストラクチャ — 新しい有線機器の測定信号は、通常、データを利用するためにはPLCまたはDCSに接続されなければなりません。これは、システムのローカルI/O、リモートI/Oシステム、またはフィールドバス接続のいずれかによって行われます。これは、新規設置(グリーンフィールド)の際には容易ですが、既存の設置(ブラウンフィールド)の場合には問題が発生する可能性があります。新しいコンポーネントを追加するには、余剰容量(空きスロット、チャネル、端末)がなければなりません。別の問題は、計測機器からI/O機器に配線をすることに関わるもので、機器のケーブル配線、接続箱、ケーブルトレイおよびグランド、ならびにそれらのすべての付属品の引き渡しおよび保護を必要とします。これらのインフラストラクチャはすべて、注文され、準備され、設置されなければなりません。また、アクセス可能な場所を見つけなければなりません。それがなければ、このアクセスには、足場塔の設置のような他の手段が確保されなければなりません。

エンジニアリングと作業— 以上の前に、エンジニアは、ケーブルをどこに配線するか、I/Oが適切か、この作業をどのように実行できるか、などの計画を立てなければなりません。電線の位置を追跡するために、文書は絶えず更新しなければなりません。

危険区域 — これらの区域は、一般目的区域と比較して、困難と努力をさらに増大させます。エンジニアは、現地の状況と技術的な問題を考慮しなければなりません。防爆の専門家は、安全な電源供給と区画分離を含め、計画された設置を検証しなければなりません。

無線機器の損益分岐点 — もちろん、WirelessHARTネットワークの計画と設置も必要です。主な違いは、WirelessHARTゲートウェイのみが電源付きの設置を必要とするため、この作業があることです。現場の状況がやり易さを決定します。WirelessHART機器は、計測を最適化するどのような方法でも設置することができます。また、爆発ゾーンは、機構部品(例えば、サーモウェル)から離れたゾーン間では物理的な接続が存在しないため、デフォルトで分離がされます。

しかし、どれだけ節約できるでしょうか。無線ソリューションは、3台または4台のWirelessHART機器と1台のゲートウェイの初期設置で損益分岐点が存在

します。例えば、2つの入力と2つの出力を有する、よく知られた装置、すなわち熱交換器を監視する場合を考えてみよう。熱交換器には、4つの温度トランスミッタが必要です。したがって、以下のように仮定します:

  • 4台の温度トランスミッタ、

     

  • 制御室と予定された接続箱の間の距離は100メートル、

     

  • 接続箱と各トランスミッタ間のケーブル長は10m。

このソリューションの実現には約20,000米ドルかかりますが、このうちわずか20%が温度トランスミッタのコストに相当します。

ワイヤレスの場合、次のように仮定します。

  • 4台の温度トランスミッタ、

     

  • 制御室からWirelessHARTゲートウェイまでの距離は10m。.

このソリューションの実現には約15,000米ドルのコストがかかり、その80%がWirelessHART機器とゲートウェイのコストに該当します。

このため、無線ソリューションは、有線ソリューションに比べて25%の節約になります。そして、それはより多くの時間を節約するでしょう。実際、このソリューションは四分の一の時間で利用できます。 次に熱交換器の場合ですか? 有線の場合、さらに2万米ドルかかることになります。WirelessHARTは、ゲートウェイがすでに利用可能になっているため、新しいWirelessHART機器のコストを増加させるだけです。

2つの有線ソリューションの価格に対して、3つの無線ソリューションを得ることができますが、1つの有線ソリューションと同時に4つの無線ソリューションを得ることができます。

Myth 3: Wireless is unreliable3. WirelessHART  ネットワークは
信頼できない

プロセス制御またはモニタリングのための通信リンクは、信頼性が高く、必要に応じて利用可能でなければなりません。誰もが、必要なときに通信に失敗した例を知っています。それで、ワイヤレス通信は信頼できるでしょうか? 驚くべきことに、これはケーブルよりも信頼性が高いのです。これは、時間同期周波数ホッピングメッシュネットワークを使用することによって達成されます。

Meshed network— 前述したように、すべてのネットワークには、DCSまたはPLCに用意されているゲートウェイがあり、無線データを有線データに変換します。ほとんどのワイヤレス通信は、スター構成を持ち、ネットワーク参加者はすべて、スターセンタまたはヘッドのみに接続します。無線LANと携帯電話通信は、スタートポロジの際立った例です。WirelessHARTはスターではなくメッシュ構成を持っています。メッシュ化されたネットワーク内では、参加者はゲートウェイと通信し、さらにお互いに通信します。さらに、無線装置は、どの他の参加者と通信できるかをゲートウェイに知らせます。

レンジ内の他のワイヤレス参加者はネイバと呼ばれます。ゲートウェイはネイバに関する情報を分析し、ルーティングテーブルを作成します。このテーブルは、どのネットワーク参加者がどのネイバを持っているかに関する情報を含んでいます。参加者がお互いに到達できるように、隣接者との間でデータパケットをルーティングすることもできます。このようにして、ゲートウェイは、各ネットワーク参加者に対して冗長な通信パスを生成することができます。1つの通信パスが失敗した場合、送信者は自動的に冗長パスに切り替わります。送信された各パケットは受信者によって確認通知されなければならないので、壊れたリンクを認識することは容易です。

RSSI およびパス安定性— 無線信号強度インジケータ(RSSI)は、ゲートウェイへの通信リンクの品質を示します。これを知ることで、ゲートウェイは、十分な予備強度が利用可能か、または信号レベルが既に低すぎるかを判断することができます。ゲートウェイは、各通信リンクのRSSIを取得するので、高レベル信号と低レベル信号を容易に区別することができる。
さらに、ゲートウェイは、各リンクの送信中に失われたデータパケットをカウントします。ネットワーク内の送信パケットの総数を比較することによって、ゲートウェイは、高い損失と再送を伴うパスを認識することができます。これは、ネットワーク内の良いパスと悪いパスを識別するために両方の種類の情報を使用します。そのため、ゲートウェイは、ネットワーク参加者が通信に使用すべき良いパスを選択できます。

FHSS and DSSS—信頼性を保証するために、WirelessHARTは、周波数ホッピングスペクトル拡散(FHSS)と直接シーケンススペクトル拡散(DSSS)の2つの技術を使用します。WirelessHARTは2.4GHz帯の周波数ホッパです。2つのネットワーク参加者間の各伝送の後、無線チャンネルは変化する。複数の周波数にわたるホッピングは、干渉を回避し、RF課題を克服するための証明された方法です。送信がブロックされた場合、次の送信は、別の周波数の代替参加者に送信されます。その結果、典型的なRF干渉に直面すると、単純ではすが非常に弾力性があります。

DSSSは、必要以上に多くの情報を送信します。1つの情報ビットに対して8ビットを送信します。8ビットの半分以下を受信してもメインビットが復元されるように、すべてのビットが暗号化され。これは短い外乱に対して通信をよりロバストにし、データを再送信する必要がなく、時間、帯域幅およびエネルギを節約します。

冗長性— 各WirelessHART機器は他の機器にデータをルーティングできるため、各ネットワーク参加者に冗長パスを持つネットワークトポロジを設定することができます。少なくとも3つの独立した良好な通信パスを持つことは、ゲートウェイとの信頼できる通信を保証します。ゲートウェイは、トポロジ、ネットワークトラフィック、および通信パスの品質に関するすべての情報を決定することができます。

Myth 4: Wireless range is too short4. WirelessHART  ネットワークの
範囲が狭すぎる

一般的な疑問は、WirelessHARTでカバーできる最大距離に関するものです。周囲の状況や障害物に関する回答は、問題を混乱させることがあります。WirelessHART機器が実際に達成する必要がある範囲は何ですか? 実際の答えは、ネットワークのセットアップ、帯域幅、中継器の周りに無線LANあります。

ネットワーク設定 - ネットワークの最終的な目的は、無線データをゲートウェイに取り込み、DCSまたはPLCが対応できる有線データに変換することです。適切にセットアップされたWirelessHARTネットワークには、ゲートウェイを含む互いの範囲内に少なくとも3つの機器があります。これにより、ゲートウェイへの信頼性の高い接続が保証されます。またゲートウェイはネットワークの中央に配置する必要があります。そうでないと、ゲートウェイ付近の機器がピンチポイントとなり、バッテリの寿命が短くなり、ネットワーク故障のリスクが高まります。

ネットワークのセットアップに関するこれらの推奨事項に従えば、高度に閉塞された区域であっても、約200フィートをカバーすることができるはずです。実際には、カバー範囲はしばしば300フィートに拡大します。大規模な設置では、より多くの測定点を設置することができます。これにより、すべての新しいWirelessHART機器が他の機器への通信をルーティングするため、ネットワークカバー範囲が自動的に拡張されます。

周波数帯域と帯域幅 – 消費電力を最小限に抑えるために、アプリケーションにサービスを提供するために必要な機器の送信回数を減らします。再送回数をできるだけ少なくすることも重要です。WirelessHARTでは、衝突を避けるためにタイムディビジョンマルチアクセスを使用しています。これは、各リンクが通信する固有のタイムスロットを持つことを意味します。何らかの理由でこのリンクが失敗した場合、転送は別のリンクに渡されます。

WirelessHARTでは、ライセンスフリーの2.4GHz ISM帯を使用します。この帯域は、他の用途(Industrial, Scientific, Medical Band)でも使用できます。したがって、WirelessHARTは、同じ帯域で動作する他のすべての技術と帯域幅を共有する必要があります。また、これらの異なるネットワークは互いに同期しないため(無線LAN、Bluetoothなど)、ネットワーク内の各機器に衝突や再送信が発生します。

ネットワークの信頼性と安定性を維持するために、たとえまれに必要とされるとしても、再送信のためのタイムスロットは予約されなければなりません。機器のより速い更新レートは、より多くの時間スロットを必要とし、総利用可能ネットワーク帯域幅は減少します。実際、更新レートが1秒の場合、1つのゲートウェイ内で最大12個の機器が容易に発生する可能性があります。代替案として、2つのWirelessHARTネットワークを並列に動作させることは可能ですが、これもまた衝突につながり、両方のネットワークの帯域幅を減少させます。1つの長距離ネットワークとは対照的に、2つの短距離ネットワークが異なるエリアをカバーし、小さな重複エリアのみをカバーすることは、それらの安定性と機器のバッテリ寿命を増加させます。

リピータまたはルーティング機器  – 測定点がネットワークから離れすぎて接続できない場合があります。これは、追加のルーティング機器を設置することで修正できます。WirelessHART機器ならどんなものでも実行できますが、最適なものは小さく、取り付けるのに最小限の労力ですみ、バッテリの交換が簡単な機器です。

Myth 5: Wireless constantly needs batteries5. WirelessHART 機器は常に新しいバッテリを必要とする

電源コードを必要とするワイヤレス機器とは何か。もちろん、完全にワイヤレスではありません。従って、独立した信頼できる電源供給が必須です。バッテリはこの要求を満たすことができますが、有限のエネルギという欠点があります。必ず、バッテリ駆動の機器を再度稼動させるためには、消耗したバッテリを交換する必要があります。しかし、このデメリットはどれだけ大きいでしょうか。

ABBのWirelessHART機器は、工業標準のDサイズの一次電池を使用します。この電池は、プロセス産業の要件を満たすために-55℃から+85℃の広い温度範囲にわたって、使用寿命を延ばすように特に設計されています。しかし、どのくらいの寿命が達成可能か。それは場合によります。電池寿命は実際予測不可能です。むしろ、車の燃料消費のように振る舞います。それは、加速度、速度、車両重量、交通量などに応じて、必要な量は増えも減りもします。

電池寿命を最大限にするため、ABB電子機器は、従来の4-20mA HART機器と比較して、20倍の超低電力設計を有しています。すべての部品は、機能と電流消費量によって選択されています。設計目標は、ソフトウェアを含め、可能な限り最小限のエネルギを消費するようにすることです。例えば、必要でない場合、サブ回路は電源を切ります。従って、センサ自体は、ディスプレイと同様に2つの測定の間で電源を切ります。更新レートが十分に遅い場合、機器は可能な限り2回の測定の間で「ディープ・スリープモード」になります。

更新レートは、無線機器が測定を開始し、データをゲートウェイに送信するユーザが定義する間隔です。更新レートは、バッテリ寿命に最大の影響を与えます。すなわち、更新レートが速ければ速いほど、バッテリ寿命は低くなります。これは、更新レートができるだけ遅くなければなりませんが、アプリケーションの要求は満さければなりません。プロセス変数の時定数に依存して、更新レートは、開ループ制御アプリケーションを監視する場合には3~4倍速く、調節型閉ループ制御およびある種の監視制御では4~10倍速くなければなりません。

4秒よりも速い更新レートの場合は、特別な注意が必要です。これらの速度が速くなると、機器がディープ・スリープモードに入るのを阻止します。また、より多くの電力を消費し、1つのゲートウェイが処理できる機器の総数に影響を与えます。

バーストコマンド設定  – すべてのWirelessHART機器は、3つまでの独立したHARTコマンドに分離することができます。もちろん、各コマンドの更新レートは別々に設定できます。しかし、前述したように、装置は可能な限りディープ・スリープモードに陥ろうとします。デフォルトでは、更新レートはお互いの倍数として設定され、機器に可能な限り多くのエネルギーを節約する最良の状態を与えます。

ネットワーク・トポロジ – Mesh機能は、各機器にルーティング機能があるため、バッテリ寿命にも影響します。一方の機器が別の機器の親機として動作し、両方の機器が同じバースト設定でセットアップされる場合、親機は子機の2倍の頻度でデータを送信しなければなりません。ほとんどの省電力ネットワーク・トポロジは、ゲートウェイの有効範囲内のすべての機器を持ちます。これが可能になることはまれですが、ゲートウェイを配置する前に、このことを考えることがより重要です。バッテリ寿命を延ばすために、ゲートウェイは、計画されたネットワークの中央に多かれ少なかれ配置されるべきです。

このようにして、親機として機能する機器は均等に分散され、データをルーティングする少数の機器のみに依存するわけではありません。

バッテリの寿命に関するこれらすべてを知っていれば、何が期待できるでしょうか?これらすべての省エネルギへの提案を考慮し、以下を仮定します:

  • 1つのコマンドの分離

     

  • ゲートウェイへの直接的な通信パスを有する

     

  • 3台の子機の更新レートが同じで、

     

  • 21℃での使用

このような条件下では、バッテリの寿命は次のようになります

  • 更新レートが8秒で5年

     

  • 更新レートが16秒で8年、

 

  • 更新レートが32秒で10年.

もし、より速い更新レートが好まれる場合、または、機器がネットワーク内のルーティングのための重要な位置を占めている場合、ABBのEnergy Harvesterオプションがバッテリを確実に交代させます。

また、ABBのWirelessHARTトランスミッタは、標準的なバッテリを使用しているため、調達は容易です。これにより、バッテリの寿命が節約されるわけではなく、コストは節約されます。

Myth 6: Wireless requires experts6. WirelessHART  ネットワークには専門家を設置する必要がある。

多くの技術者は、ワイヤレスネットワークの構築は困難で厄介な仕事になりうると考えています。すべてのことを実行させ、安全なコミュニケーションを確保し、望ましいネットワーク参加者をすべて含めるには、多くの時間がかかります。しかし、これは真実なのだろうか。WirelessHARTネットワークを稼動させるためには、本当に必要なことは何でしょうか?

WirelessHARTネットワークの無線エレメントには、以下のものがあります。

  • プロセスまたはプラント機器に接続されたフィールド機器。もちろんそれらはすべてWirelessHARTが可能である。

     

  • WirelessHARTネットワーク内のホストアプリケーションとフィールド機器間の通信を可能にするゲートウェイ。

     

  • ネットワークパラメータ(ネットワークIDとJoinキー)のセット。

そうこれで、ネットワークを数ステップでセットアップできます。

ネットワークパラメータの入力 - ゲートウェイを適切に動作するには、ネットワークパラメータを入力する必要があります。これは、WirelessHARTゲートウェイの統合Webブラウザを介して簡単に行うことができます。ほとんどのゲートウェイは、この快適な設定方法を提供します。ネットワーク参加者がネットワークに参加できるようになります。また、ネットワークパラメータも必要です。最も簡単な方法は、必要なネットワークパラメータを持つ機器を注文することです。それ以外の場合は、パラメータを手動で入力する必要があります。

すべてのWirelessHART機器はメンテナンスポートを提供するため、有線HART機器にすでに使用可能なツールを使用することができます。これにより、追加の機器が必要なくなります。また、有線HART装置と同様に操作することができます。さらに、ABB WirelessHART機器は、HMIを使用するだけで動作させることができます。ここでも、セキュリティが組み込まれているため、セキュリティに注意を払う必要はありません。

Update rate — すべてのWirelessHART機器が測定値を破裂させます。デフォルトでは、すべてのABB WirelessHART機器は16秒ごとにHARTコマンド9をバースト(分割)します。これには、動的変数PV、SV、TV、QV (複数の出力を持つ機器の場合)の各ステータスとバッテリの残りの寿命が含まれます。これらは、32秒ごとにHARTコマンド48をバーストします。これは、追加の機器ステータス情報です。一般的には、バースト設定を扱う必要はありません。それにもかかわらず、コマンドまたは更新レートは、必要に応じて変更できます。

フィールド機器およびゲートウェイの配置 - まずゲートウェイのインストールを開始します。適当な場所を見つけて電源を入れてください。ホストアプリケーションとWirelessHARTネットワーク間の接続であるため、DCSへの電源および有線接続が必要になります。WirelessHART機器が準備されたら、フィールドに設置できます。

設置方法は有線HART機器と同様です。しかし、WirelessHART機器はワイヤレスであるため、手間が少なくて済みます。これは、特に、ゾーンを越えるものがなく、出力装置が入力装置に対してexパラメータ(防爆上の)でチェックされる必要がない危険区域に当てはまります。機器の電源を入れると、自動的にネットワークに表示されます。他のすべてのものはゲートウェイによって処理されます。ユーザは、ネットのメッシュを考慮することや、どの機器と通信するかを扱う必要はありません。

Myth 7: Wireless is too slow7. WirelessHARTは遅すぎる

アプリケーションをカバーするのに必要な速度を要求されると、ユーザはしばしば可能な限り速くと答えます。ネットワーク内のWirelessHART機器の更新レートは、1秒に1回から1時間に1回の間で個別に設定することができます。それでは、すべてに十分な速さですか? すぐに答える前に、いくつかの考察をしてみましょう。

使用法 - まず、WirelessHARTネットワークが実際に意図されている使用法、すなわち状態監視とプロセス監視を検討します。無線のサンプル/更新レートは次のようになります。

  • 状態監視および開ループ制御用のプロセス時定数の3~4倍の速度

     

  • 調節型閉ループ制御では4~10倍の速度。

今日のプロセス産業での測定では、60%以上が制御アプリケーションではなく、単純に状態を監視しているものです。したがって、1秒以上のWirelessHARTの更新レートは、これらのアプリケーションの多くに適合する可能性があります。もちろん、他の要因もあてはまるかもしれません。

Timing - 有線機器では、更新レートとタイミングはあまり考慮されていません。エンジニアおよびオペレータは、DCSの値がプロセスからのリアルタイム値であり、オーバーサンプリングによって達成されると仮定しています。実際、信号はしばしばDCSに到達する前に、初期センサ素子から変換され、スケーリングされています。したがって、従来の有線機器設置の場合では、測定値にも潜伏期間があります。計測器エンジニアは、これらをほとんど認識していませんが、これらの値が十分タイムリであると仮定してください。WirelessHARTの世界では、データパケットには、測定値の古さを示すタイムスタンプがあります。この指標により、エンジニアは潜伏期間を評価し、適切に対応することができます。

別の考察 - 計測エンジニアは、制御アプリケーションと状態モニタリングの両方でプロセス値がどれだけ速く変化するかを知っていなければなりません。WirelessHARTでは、それ以外の知識は必要ありません。有線機器設置の場合、この知識はDCSまたはPLCに影響します。WirelessHARTでは、ネットワークの計画に影響を与えます。帯域幅は限られたリソースであるため、技術者は更新レートがどれだけ速いかではなく、どれだけの更新レートが必要かを考慮しなければなりません。

速度の比較 - 従来のFSK-HARTループは、毎秒1200ビットの速度を提供します。実際には、RS-485ケーブルのHARTは38,400ビット/秒に制限されています。WirelessHARTは以下を提供します。毎秒250,000ビットの速度これは、WirelessHARTが有線HARTの200倍以上、RS-485ケーブルのHARTの6倍さえも速いことを意味します。ネットワーク参加者に「高速パイプ」を割り当てることにより、無線ゲートウェイは通常の4倍の高い帯域幅の接続を提供します。これは、完全なコンフィグレーションのアップロードやダウンロードなど、大量のデータを送信するのに理想的です。


Terminology

Gateway

少なくとも1つのホストインタフェース(シリアルまたはイーサネットなど)を持ち、
その入口または出口として動作するネットワーク機器

Hop

送信距離を長くするための手段として、あるデバイスから別のデバイスに渡されるデータを記述するために使用される用語。
チャンネルを変更する機能を表すためにも使用されます。

Join

ネットワークデバイスが認証され、ネットワークへの参加を許可されるプロセス。
デバイスは、ネットワークキー、ネットワークマネージャセッション、および通常の(結合ではない)スーパーフレームとリンクを持つ場合に、結合されたと見なされます。

Neighbor

ネットワークで隣接するノード

Nonce

古い通信をリプレイ攻撃で再利用できないようにするため、現在のパケットに固有であるように構成されている番号。

Security Manager

ネットワーク機器のセキュリティ・リソースを管理し、ネットワーク・セキュリティの状況をモニタするアプリケーション。

DCS

分散形制御システム

AES

高度暗号化標準

UID

固有識別子

FHSS

周波数ホッピング拡散スペクトラム

DSSS

直接シーケンス拡スペクトラム

Child

他のモートから時刻情報を受信する機器はその子となる。子は親を通してデータを転送し、ゲートウェイへの直接の通信経路を持たない。

Parent (or time parent)

同期のための時刻の元となる機器。同期の親は、ゲートウェイに1ホップ近くにあり、子供のデータをこれに転送する

Node (or device)

WirelessHARTネットワークに接続するアドレス指定可能な論理的または物理的機器

Link

2つのネットワーク機器間の通信経路

Related links

  • お問い合わせ

    ご質問内容などをご入力の上、お送りください。 担当者より折り返しご連絡いたします。

    お問い合わせ

フォローする

YouTube
Connect with us
YouTube