HoverGuard™ ガス漏れ検知ソリューション


 

ご存知でしたか?

… ABBのHoverGuard™は、世界最速・最高感度のセンサを搭載した、ドローンによる天然ガス漏洩検知・温室効果ガス測定システムです。


パイプラインは、天然ガスを輸送する最も安全で一般的な方法です。米国では、ほぼすべてのガス輸送が、約300万マイルに及ぶ全米のパイプライン・インフラ[i]を通して行われています。しかし、パイプライン・インフラの老朽化により、環境を破壊し、人間の健康と安全を脅かす漏れのリスクが高まっています。天然ガスの主成分であるメタンは、最も強力な温室効果ガスの一つでもあります。メタン排出量の削減を求める規制圧力が高まる中、企業はメタン排出量を測定し、より迅速かつ確実にガス漏れを検出する新技術に頼らざるを得なくなっています。

従来のガス漏れ検知方法は、技術者が携帯型の検知器を持って歩いて検査し、結果を報告システムに手動で入力しなければならないため、時間がかかり、不正確で、危険な作業となる可能性もあります。ABBのHoverGuard™は、革新的なレーザーベースのセンシング技術と高度なデータ分析技術を使用しています。このソリューションは、従来の検知方法の1,000倍以上の感度でガス漏れを検知し、1時間あたり最大15倍の検査範囲をカバーすることができます。高度40メートル以上、時速88キロ以上で飛行しながらガス漏れを検出し、マッピングし、位置を特定し、定量化することができるため、調査員は、橋梁、通行権制限や植生のある地域、ガス貯蔵設備、パイプラインといった通常検査しにくい地域も監視することができます。また、HoverGuard™は、最も重要な3つの温室効果ガスであるメタン、二酸化炭素、水蒸気を、飛行中に連続的かつ高精度で測定するように設定できる、初のドローンベースのシステムです。

 

この天然ガス漏洩検知ソリューションは、継続的にデータを収集し、リアルタイムで包括的なデジタルレポートと共有可能なレポートを作成します。ABB Ability™クラウドストレージツールを通じて、これらのレポートにオペレータや関係者がリモートでアクセスすることができ、時間の節約と迅速な行動を可能にします。

[1] ABB Whitepaper 【英語】

キーファクト:

  • 従来のツールに比べ、最大15倍の速さで検査範囲をカバー
  • 飛行中に3つの重要な温室効果ガスを測定する初のドローンベースのシステム
  • 手が届きにくい場所や発生源から離れた場所での天然ガス漏れをリアルタイムでマッピングし、定量化

    Discover more about ABB’s HoverGuard™

 


    Select region / language

    人気の高いリンク