Global site

ABBのウェブサイトはcookiesを利用しています。このサイトをクリックすることでCookiesの利用に同意したとみなします 詳しく知る






ABBのポートフォリオから最も興味深いと言えるソリューションとそのトリビアをご紹介します。

Enviline™ エネルギー貯蔵システム


 ご存じでしたか…

 

ABBはエネルギー効率を改善し、都市交通のコストを削減しています。

 

世界的に急速な都市化が進行する中、都市は電化された都市交通システムにますます依存して増加する人口に持続可能な交通を提供し、交通渋滞を緩和することによって炭素排出量を削減しています。

 

ABBは減速する電車や地下鉄の車両から制動エネルギーを回収して貯蔵し、加速する車両がエネルギーを利用できる革新的なソリューションを提供しています。電車の制動エネルギーは駅に近づくと回収または回生されます。このエネルギーは貯蔵され、後で発車時の列車によって使用されます。

 

ABBのEnvilineエネルギー回生およびエネルギー貯蔵システムは沿線のエネルギー回生システムであり、余剰制動エネルギーの貯蔵だけでなく、電力系統への還元もできるため、鉄道輸送システムの総エネルギー消費量を最大30%削減できます。

 

電車の制動過程は約5キロワット時(kwh)のエネルギーを生成します。20ワットの電球を1時間作動させると、20Whのエネルギーが必要になります。5,000Whは250個の電球を1時間作動させるのに十分なエネルギーであり、これは電車1両がブレーキをかけるたびに生成するエネルギー量に相当します。

 

電車のブレーキはほんの数秒しか持続しませんが、非常に大きな電流を生成し、毎日何千回も発生します。これらのイベントはパフォーマンスの問題につながりかねない電圧変動を引き起こす可能性があります。貯蔵システムは電力系統内のエネルギーを安定させるためにも使用できるため、列車の始動電力を削減することでデマンドチャージとピーク電力ペナルティを削減できます。

 

電車が惰行運行時に、既存のインフラは実質的には電力を供給しません。Envilineエネルギー貯蔵システムはこれらの期間を使用して回収・貯蔵し、後で必要に応じてエネルギーを供給し、電圧および運行を維持できます。


Enviline™エネルギー貯蔵システム:

  • 余剰制動エネルギーをリサイクル
  • 電車のエネルギー使用量を最大30%削減
  • 既存および新規システムで動作


もっと見る

人気の高いリンク

ABBウェブフィード

Home / ABBについて / Did you know