Global site

ABBのウェブサイトはcookiesを利用しています。このサイトをクリックすることでCookiesの利用に同意したとみなします 詳しく知る

UniPack-G


 

ご存じでしたか…

 

...ABBの環境に優しいコンパクトな二次変電所UniPack-Gは極めて過酷な環境に最適です。

 

コンパクトな二次変電所(CSS)は、信頼性の高い配電において重要な役割を果たし、電気ネットワーク全体のバランスを維持します。二次ネットワークは、最終消費者に電力を送る配電ネットワークの一部です。この二次ネットワーク内では、CSSは通常、高圧スイッチギア、低圧配電盤、変圧器、保護装置などの重要な機器を収容します。

 

この新しいモジュール式プラットフォームはUniPack-Gと呼ばれ、「G」はガラス繊維強化ポリエステル(GRP)を表します。GRPは、風力タービンブレード、ボート、ケーブル支柱、屋外家具など多くの日常的なアプリケーションで使用される素材です。プラットフォームには、CSSに加えてさまざまな電気機器を収容できます。

 

ABB UniPack-Gは、特に再生可能エネルギーが生成されている人里離れた場所で、厳しいアプリケーション要件を満たすモジュラー設計を特徴としています。波飛沫でぬれた海岸から遠く離れた灼熱の砂砂漠にいたるまで、さまざまな寒冷、温暖、高温気候に適しています。

 

UniPack-G CSS筐体はコンクリート製よりもはるかに軽量であるため、輸送コストが最小限に抑えられ、設置が容易になります。メンテナンス要件が少ないため、遠隔のアクセスが難しい場所に最適です。

 

受賞歴のあるABB UniPack-Gプロジェクトは、スイスアルプスの人工湖であるトゥール湖にあり、UniPack-G CSSが海抜1,810mで稼働する世界最大級の浮体式太陽光発電設備のひとつです。


UniPack-G:

- コンクリート製と比べて最大20%耐久性が高く4倍軽量

- 優れた断熱性と防錆設計により極めて過酷な環境に耐えます

- 公共施設に理想的な最高レベルのアーク火災安全性

 

Discover more about UniPack-G

 

 

    人気の高いリンク

    ABBウェブフィード