ABB、次世代ロボティクス制御プラットフォームOmniCoreを発表

ABB、次世代ロボティクス制御プラットフォームOmniCoreを発表

  • より高速かつ高精度で自律的な自動化により、ビジネスの生産性と柔軟性を高めるプラットフォーム
  •  次世代ロボット用制御プラットフォームに1億7000万ドルの戦略的投資を行うことで、より持続可能で高度なオートメーションを加速
  • ABBロボティクスのあらゆるハードウェアとソフトウェアを統合した独自の単一制御アーキテクチャ

ABB ロボティクスはビジネスの強化と将来的な発展を可能にする、より高速で高精度かつ持続可能なインテリジェントオートメーションプラットフォーム「OmniCore™」を発表します。

OmniCoreプラットフォームは、次世代ロボティクスへの1億7,000万ドルを超える投資の成果であり、AI、センサ、クラウド、エッジコンピューティングシステムを完全に統合し、最先端の自律型ロボット・アプリケーションを実現するための未来を見据えたモジュール式制御アーキテクチャへの段階的な変化をもたらします。

ABBのロボティクス&ディスクリート・オートメーションビジネスエリアのプレジデントであるサミ・アティヤは、次のように述べています。「労働力不足、不確実性、より持続可能な事業運営の必要性といった世界的なメガトレンドに対応するために柔軟性、シンプルさ、効率性の向上を求めるお客さまにとって、自動化は戦略上不可欠な要素です。高度なメカトロニクス、AI、ビジョンシステムの開発を通じて、私たちのロボットはこれまで以上に利用しやすく、高性能かつ柔軟性があり、機動性が高くなりました。しかし、より多くの場所でより多くのタスクをこなすためには、私たちやロボット同士がシームレスに連携することが求められています。これがOmniCoreという弊社のロボット事業50年の歴史における新たなマイルストーンとなる製品の発売に至った理由です。OmniCoreは、当社の最先端ハードウェアとソフトウェアを統合する、1つのユニークなプラットフォームであり言語なのです」

クラス最高水準であるOmniCoreのモーション性能は、複数のロボットを最大1,600mm/秒の高速で動作させつつ、0.6mm以下の軌跡精度を実現します。これにより、アーク溶接、携帯電話ディスプレイの組立て、接着、レーザー切断などの精密分野における新たな自動化の可能性が広がります。全体としてOmniCoreは、従来のABBコントローラとの比較でロボットの動作を最大25%高速化し、消費エネルギーを最大20%削減します。

OmniCoreは、拡張可能なモジュール式制御アーキテクチャに基づいており、幅広い機能を提供することで、想像できるほぼすべてのアプリケーションを作成できるため、バイオテクノロジーや建設業など、多くの既存分野および新規分野において自動化を取り入れる企業に適しています。1,000以上のハードウェアおよびソフトウェア機能により、お客さまは簡単に設計、運用、保守、および最適化を実行できます。これはABBのAbsolute Accuracy、PickMaster® Twinを含むソフトウェア機能と、外部軸やビジョンシステムからフィールドバスに及ぶハードウェアオプションによって実現されています。

「OmniCore の特徴は、モーション、センサ、アプリケーション機器を単一の統合システムで管理できることです」と、ABBロボティクスディビジョンのプレジデント、マーク・セグーラは述べています。「OmniCore は、ABB ロボティクスのハードウェアとソフトウェアのポートフォリオ全体へのアクセスが可能で、単一の制御プラットフォームの下であらゆる組み合わせを実現します。これによって無限の可能性と価値創造の新たな道が開かれます。例えば、OmniCore を使用することで自動車メーカーは生産スピードを上げることができ、1分間に12ストロークから15ストロークに増加させて1時間当たり900個の部品を生産するなど、非常に大きな競争優位性を提供します。当社は、ロボティクス事業50周年を迎えるにあたり、OmniCoreが多くの業界でのブレークスルーの可能性を提供し、あらゆる分野のお客さまが直面する課題を解決する力を与えると確信しています」

OmniCoreは、1974年の世界初のマイクロプロセッサ制御ロボットに始まり、1998年のRobotStudio®ソフトウェアの発表、2024年のSevensenseの買収など、ABBロボティクスの50年にわたるイノベーションの最新の成果であり、業界をリードするAIベースのナビゲーション技術をモバイルロボットにもたらすものです。

ABB Roboticsの50年  については、LinkedIn、X、Facebook、Instagramで詳しくチェックできます。最新ニュースやアップデートについては、当社のランディングページをご覧ください。 https://new.abb.com/products/robotics/events/50-years-of-robotic-innovation

Omnicoreは、2026年6月で販売終了となるABBロボティクスのIRC5コントローラの後継製品です。ABBはIRC5をご使用のお客さまに対し、ロボットの耐用年数終了までスペアパーツとサービスによるサポートを継続します。

詳細については、ABBのウェブサイトをご覧いただくか、こちらをクリックして、2024年6月4日10:00 CEST (JST、日本時間6月4日17:00)に開催される新しいOmniCoreプラットフォームのバーチャルカンファレンスおよびローンチイベントにご登録ください。

ABB は、エレクトリフィケーションとオートメーションのテクノロジーリーダーであり、より持続可能で資源効率の高い未来の実現を目指しています。ABBのソリューションは、エンジニアリングのノウハウとソフトウェアを結び付け、製造、移動、電力供給、それらの運用の方法を最適化します。140年以上にわたる卓越性を基盤に、ABBの約105,000人の従業員は、産業変革を加速するイノベーションの推進に取り組んでいます。   www.abb.com

ABBロボティクス&ディスクリート・オートメーションは、世界有数のロボティクスおよびマシンオートメーションサプライヤとして、価値創造型ソフトウェアによって設計、構築されたロボット、AMR、マシンオートメーションソリューションを網羅した包括的かつ統合的なポートフォリオを有する唯一の企業です。私たちは、自動車からエレクトロニクス、ロジスティクスまで、あらゆる規模、あらゆる分野の企業が、より弾力的で柔軟、かつ効率的になるための支援を行っています。ABBロボティクス&ディスクリート・オートメーションは、未来のコネクテッド&コラボレーティブな工場への移行を目指すお客さまをサポートします。このビジネスエリアでは、約53カ国、100以上の拠点で約11,000人の従業員が働いています。 go.abb/robotics

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp