ABBのMegaFlex DPA、ecopassport®ラベルを取得

ABBのMegaFlex DPA、ecopassport®ラベルを取得

データセンタ事業者は野心的なサステナビリティ目標に直面していいますが、この主要外部PEP認証により、環境効率の高い電気機器を安心して指定できます

データセンタ主要事業者が2030年までにネットゼロを達成するために欧州気候中立的データセンタ事業者協定に署名する中、グリーン競争における電気機器のサステナビリティ認証はますます重要になっています。ABBは1つのシステムで最大6MWの出力範囲を提供するデータセンタ向けUPS、MegaFlex DPAにおいて権威あるPEP ecopassport®ラベルを取得することでこれに対応します。

PEP協会は、製造業者、ユーザ、機関および専門家協会で構成されています。同会は、PEP ecopassport®プログラムの実行および製品のライフサイクル全体(製造、流通、設置、使用、廃棄)にわたる厳格な性能基準を検証します。国際的な参照フレームワークを提供することで、このプログラムは電気、電子、冷暖房機器の信頼性、透明性、比較可能かつ検証済の環境性能指標を保証します。

ABBのUPS、MegaFlex DPAはクラス最高のシステム効率97.4%を提供し、運用期間中に炭素排出量を641トン削減します。これは乗用車200台分の1年間の排出量に相当します。コンパクトな設計により、設置面積が最大45%削減され、最大15年の設計寿命により、総所有コストが削減されます。市販されているUPSの中で最も信頼性の高いこのUPSのモジュラー設計は容易で安全な接続をサポートし、ABBの分散並列構成(DPA)に基づいています。この革新的なシステムは、すべてのモジュールが事実上独立した個別のUPSであり、独立した運用に必要なすべての必須機能ユニットを備えていることにより、信頼性と可用性を最大化します。

ABB スマートパワーディビジョン パワープロテクションのサステナビリティ―リーダーであるDiana Garciaは次のように述べています。「MegaFlex DPAのエコ認証の第三者検証を提供するこのラベルを取得できたことを誇りに思います。最新のデータストレージソリューションの増加する電力需要に対応するには、環境にやさしく持続可能な電力の継続的な流れとシステム全体の回復力が必要です。当社のMegaFlex DPA UPSソリューションは最高の効率レベルと最小の設置面積を組み合わせ、低炭素のグローバルデータセンター業界に貢献しています」

データセンタの電力要件は大幅に変動する可能性があるため、エネルギー使用レベルを管理するには高度な適応性が必要とされます。MegaFlex DPAのインテリジェントシステムは電力負荷の要件に応じてアクティブモジュール数を自動的に調整することで、損失を最小限に抑え、効率を向上させます。不要なモジュールは待機状態に戻り、負荷が増加した場合に再アクティブ化できるようになります。MegaFlex DPAはクラウドベースの予知保全を利用して、サイトを継続的に監視し、メンテナンスを計画および削減します。これにより、ライフサイクル全体にわたる運用コストと部品廃棄を削減できます。

2020年、電力損失を低減するABBの取組みが高く評価され、このソリューションはソーラーインパルス財団から「Efficient Solution」ラベル認定を受けました。

MegaFlexの詳細については、https://new.abb.com/ups/ups-and-power-conditioning/megaflexをご覧ください。

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp