新しいABB OmniCore™ロボットコントローラは、より速く、より拡張性があり、よりエネルギー効率の高いものづくりを提供します。

  • ABB、OmniCoreロボットコントローラファミリーに2つの新コントローラを追加。E10とV250XTでさらに幅広い製造アプリケーションに対応
  •  高速化と柔軟性の向上により、生産性の向上と変化する市場の要求への対応が可能に
  •  1,000以上のソフトウェア/ハードウェア機能を搭載し、拡張性を実現したコントローラ

より速く、より効率的な生産への要求に応えるため、ABBはOmniCoreコントローラファミリーに2つの新しいメンバーを加えます。新しいE10とV250XTコントローラは、クラス最高レベルのモーションコントロールを提供するだけでなく、20%の省エネを実現し、内蔵されたデジタル接続機能と変化する要求に対応する1000以上の追加機能により、将来性も備えています。この2つのコントローラは、電子機器の組立て、自動車、物流、一般製造業など、さまざまな分野におけるロボット制御の可能性を広げるものです。

ABB ロボティクスの製品管理責任者であるAntti Matinlauriは、「より速く、より多様な生産、そして変化する市場条件へのより高い応答性を求める産業界の要求は、新しいレベルの速度、精度、柔軟性をもたらすソリューションを必要としています」と述べています。「ABBのOmniCoreコントローラファミリーの一部であるE10とV250XTは、製造業者に幅広い可能性を提供し、生産性を最大限に高め、ダウンタイムを最小限に抑えて変化する要求に対応することを可能にします」

どちらのコントローラも、プログラミング、オフラインでの試運転やシミュレーション、メンテナンス、ビジョン、安全性など、1,000以上のハードウェアとソフトウェアの機能を搭載し、拡張性を高めています。また、コントローラにはABB Ability™ コネクテッド・サービスというロボット向けクラウドベースのサービススイートへの接続機能が組込まれており、予知保全やライフサイクル管理を強化することでパフォーマンスを向上させる新たな機会を提供します。

  • ABB OmniCore™ Controllers family

ABBは、OmniCore用のオープンオートメーションソフトウェア「IoT Gateway」も導入します。IoT Gatewayは、工場の現場、機械と機械(M2M)、ロボットと他の機械、ロボットとセンサ、MES/ERPシステム、またはクラウドへのデータのシームレスな伝送を可能にすることで、真の結合生産を実現します。

ABBのTrueMoveおよびQuickMoveモーションコントロール技術を両コントローラに搭載することで、クラス最高のサイクルタイム、高速性、位置再現性、軌跡精度を実現しています。これにより、ABBのロボットは同クラスの他のロボットよりも高速に動作し、従来のロボットよりも最大25%高速に動作します。

E10は、19インチラックマウントのスリムなデザインを採用しており、電子機器業界の小型部品の組立てやマテリアルハンドリングなど、省スペースが求められる狭い場所や高密度の生産ラインに最適です。E10コントローラは、ABBのスカラロボットや、IRB 920TやIRB 1300などの最大11kgの可搬重量を持つ多関節ロボットを駆動するように設計されています。

OmniCore V250XTコントローラは、IRB6700のような最大300kgの可搬重量を持つ多関節ロボットを駆動するように設計されており、電気自動車製造、自動車製造、物流、および一般産業用途で使用される汎用性の高い強力なソリューションを提供します。

OmniCore E10およびV250XTコントローラは、省エネ型の電力再生成技術とブレーキエネルギーの回収により、ABBの従来のIRC5コントローラと比較して消費電力を最大20%削減しており、製造業者はエネルギーコストを削減し、全体的なエネルギー消費量の削減に貢献することで、エネルギー効率を向上させることができます。

どちらのコントローラも、ABBのハンドヘルド型コントローラ「FlexPendant」と組み合わせて使用します8インチの大型マルチタッチディスプレイは、ピンチ、スワイプ、タップなどの標準的なジェスチャーに対応しており、ロボットのプログラミングを簡単に行うことができます。FlexPendantは「ホットスワップ」に対応しており、進行中の生産を中断することなくプラグを抜いたり、再接続したりすることができます。これにより、複数のロボット間でFlexPendantを共有することができ、ロボットの導入を加速し、コストを最小限に抑えることができます。

ABB OmniCore™コントローラファミリーインフォグラフィック
ABB OmniCore™コントローラファミリーインフォグラフィック

E10とV250XTの発売は、ABBのOmniCoreファミリーの最新章であり、14台のロボットが強化されたパワーと柔軟性の恩恵を受けています。 すべてのOmniCoreコントローラは、ABBの業界をリードするRobotWareオペレーティングシステムをベースにしています。OmniCoreコントローラファミリーは、ABBのロボットポートフォリオ全体に拡張され、2022年にはさらに多くのアプリケーションが登場する予定です。

詳細については、https://new.abb.com/products/robotics/controllers/omnicoreをご覧ください。

ABB(ABBN: SIX Swiss Ex)は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするテクノロジー企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、105,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。 www.abb.com 

ABB ロボティクス&ディスクリート・オートメーションは、ロボティクス、マシンオートメーション、デジタルサービスの先駆者であり、自動車からエレクトロニクス、物流まで、さまざまな産業に革新的なソリューションを提供しています。世界有数のロボットおよびマシンオートメーションサプライヤとして、これまでに50万を超えるロボットソリューションを出荷しました。私たちは、あらゆる規模のお客さまの生産性や柔軟性を高めながらシンプル化を推進し、生産品質の向上を支援します。私たちは、コネクテッドかつ協働的な未来の工場への移行を支援します。ABB ロボティクス&ディスクリート・オートメーションは、53カ国以上、100カ所以上の拠点において、11,000人以上の従業員を擁しています。go.abb/robotics

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp