Global site

ABBのウェブサイトはcookiesを利用しています。このサイトをクリックすることでCookiesの利用に同意したとみなします 詳しく知る

EC Titanium インバータ一体型モータ

EC Titanium™ シリーズは同期リラクタンス技術と永久磁石技術を組み合わせた特殊なロータ構造を持った、高効率のインバータ一体型モータで、経済的で環境に優しく、ワイヤレス通信によるIoT対応のモータソリューションです。

 

 

特長

 

  • ・IE5効率 - 全負荷および部分負荷で高い効率を実現し、特に部分負荷での可変速運転において最大16%効率向上を実現
  • ・モータの真上または反負荷側にインバータを設置することで、スペースを大幅に節約し、配線コストを削減
  • ・調整と制御の柔軟性 - 簡単な設定とABB Ability™接続のためのBluetooth通信だけでなく、簡単な試運転調整のための有線キーパッドとPCツールを含む豊富なオプション
  • ・プラグアンドプレイ - インバータは事前にプログラムされ、2つの入力(開始/停止)だけですぐに運転開始可能
  • ・NEMAドロップイン - 従来のNEMA製品アーキテクチャを活用し、取付寸法がシームレスに変換可能
  • ・電力密度 - より小さいフレームサイズでより高いモータ出力を実現
  • ・高信頼性、低ノイズ - 始動電流が非常に小さく、コギングが少ないため被駆動部側への機械的ストレスが軽減
  • ・インバータ一体型モータは、ユニットの状態監視ができるABB Ability™に対応

 

 

用途

 

  • ・ファン、ブロア
  • ・ポンプ
  • ・コンプレッサ
  • ・空調設備
  • ・真空ポンプ

 

 

産業

 

  • ・水処理施設
  • ・上下水道
  • ・ごみ処理プラント
  • ・食品工場
  • ・データセンタ
  • ・ビル施設
  • ・クリーンルーム
  • ・一般産業

 

 

ハイライト

製品

動画ギャラリー

EC Titanium インバータ一体型モータQ&A


インバータ一体型のメリットは何ですか?

インバータ一体型にすることで、インバータの据え付け及びモータとインバータ間の配線などの手間を省くことができます。

速度調整により省エネ効果が期待できるインバータ駆動ですが、インバータの手配及び据え付けや配線、試運転調整などの手間がかかる為、採用に二の足を踏んでいる事例が多数あります。

ABBのインバータ一体型モータは、簡単な据え付け、配線、試運転調整で、全てのお客さまに省エネ効果を享受いただけます。

 


なぜIE5の高い効率を実現できるのですか?

ABBが世界で初めて製品化に成功した同期リラクタンスモータのロータに、永久磁石をサポートとして追加することで開発された特殊なロータ構造により、発熱や磁束のロスを極力抑えた設計となり、IE5の高効率を実現しました。

ロータ構造の設計にあたり、低速域での運転を特に考慮に入れ、最適な設計を行った結果、全負荷のみならず、部分負荷でも高い効率を実現しています。

 


従来のインバータ一体型モータとの違いは何ですか?

永久磁石付き同期リラクタンス構造を採用したインバータ一体型モータは、ABBのみ対応可能です。

この特殊な構造により、従来のインバータ一体型モータに比べて、幅広い出力帯、部分負荷も含めて高い効率、高い信頼性、高い電気密度によるコンパクトな設計、低いノイズなどの長所があります。

特に効率だけではなく、力率も高い値で設計され、従来のインバータ一体型モータに比べて、インバータ部分も含めてコンパクトな設計となっています。

また、永久磁石をメインとしたロータ構造のインバータ一体型モータに比べて、出力帯も幅広く、メンテナンス性に優れています。

 


なぜ高い信頼性の実現が可能ですか?

発熱が少ない特殊なロータ構造の為、モータで最も損傷しやすい箇所であるベアリングを中心に、モータ全体の温度を低く抑えた設計になっています。

またシャフト接地ブラシを標準採用しており、インバータ駆動におけるベアリングの早期故障の最も大きい要因であるシャフト電圧及びベアリング電流を効果的に抑えることができ、ベアリングの損傷を防ぐ設計となっています。

モータ部分、インバータ部分別々でのメンテナンスや部品交換も可能で、メンテナンス性も非常に優れています。

シャフト接地ブラシによるベアリングの故障防止に関する詳細は、こちらの記事をご覧ください。

想定される用途は何ですか?

ポンプやファン、コンプレッサーなどの用途では、速度調整による省エネ効果が期待できます。

特に部分負荷での運転が多い用途では、より大きな省エネ効果が期待できます。

保護等級は、インバータ部分も含めてIP54を実現しており、大抵の産業で採用が可能です。


具体的にどのようなIoT対応が可能ですか?
インバータ部分に標準搭載のデジタル及びアナログのI/Oに加えて、Bluetoothのオプションがあり、ワイヤレス通信による状態監視も可能です。状態監視では、インバータ温度、DCバスの電圧、モータ出力、トルク、速度からインバータの状態やエラーのメッセージまで、さまざまな情報の取得が可能で、メンテナンス計画に貢献します。

製品ラインナップを教えてください。

ABBのインバータ一体型モータは、幅広い出力帯、極数、据付方法、電圧での提案が可能です。

またカタログ記載のカタログナンバーによる注文も可能で、アメリカでの在庫運用による短納期での納入も可能です。

カタログには、詳細仕様だけでなく、概略寸法やデータも記載しております。詳しくはカタログをご覧の上、お問合せください。

人気の高いリンク

ABBウェブフィード