Global site

ABB's website uses cookies. By staying here you are agreeing to our use of cookies. Learn more

HiPerGuard

ABBの高圧無停電電源装置 (MV UPS) は、クリティカルな重要負荷に最大24kVの連続的で信頼性の高い電圧を供給します。ダウンタイムを低減し、重要負荷を保護します。

重要な設備を高い効率、信頼性、安全性で保護するためには、エンドユーザが適切な技術パートナーと協力することが最も重要です。HiPerGuardは、システムの長期的な可用性を考慮して設計されており、10年間隔でのメンテナンスを行うだけで済むため、メンテナンスチームは時間とコストの節約を実現することができます。

HiPerGuardは、市場で入手可能な最高クラス効率98%を実現し、15年の寿命で1,245トンの二酸化炭素排出を削減する可能性があります。

高圧設計

低圧 (LV) から高圧 (MV) への移行は、大規模かつ重要な設備における電力保護の自然な流れです。このアプローチには、主に2つの利点があります。それは、信頼性の向上と、重要な電力設備の建設と運用のコスト削減です。

信頼性の向上は、より大きい負荷の保護、より少ないスイッチギア数、高圧システムの運用などのMV設計アプローチからもたらされます。

高圧動作においては電流が少なくなるため、ケーブルが細くなり、損失も少なくなるため、高圧で電力保護を行うことが最もエネルギー効率の良い構成となります。

インピーダンス (Z) 絶縁 静止形コンバータ ZISC

ABBのZISCは、高性能、高効率のパワーコンディショニングおよび無停電電源装置のアーキテクチャです。広範なユーティリティ電圧イベントから保護し、連続的なクリーン電力を供給します。

ZISCアーキテクチャは、ABBの高性能電力変換器と結合された絶縁ラインリアクトルをベースにしています。このシンプルなアプローチと高度な制御により、比類ない信頼性と性能、そしてクラスをリードする効率性を実現します。

絶縁リアクトルを介して電力会社から切り離された電力変換器は、エネルギー貯蔵を循環させることなく、電力会社の妨害や電圧不均衡を継続的に調整し、フィルタリングします。下流の故障やその他の動的な無効電流需要などの負荷関連イベントは、ZISCの高い過負荷能力で管理されます。

絶縁リアクトルと結合トランスは高圧、電力変換器とエネルギー貯蔵は低圧で使用されるため、メンテナンスが容易になります。

ABBのZISCは、幅広い最新のエネルギー貯蔵装置と組み合わせることで、数秒から数分までの電力補償を実現します。

関連ページ

Loading documents

Other power protection solutions offered

  • お問い合わせ

    ご質問内容などをご入力の上、お送りください。 担当者より折り返しご連絡いたします。

    お問い合わせ