ABB、2024年にロボティクスとAIの新たなフロンティアを特定

ABB、2024年にロボティクスとAIの新たなフロンティアを特定

ABB ロボティクスディビジョンのプレジデント、マーク・セグーラは、ABBがこれまでロボットオートメーションがサービスを提供していなかった新たな分野で拡大を続ける中、2024年におけるロボティクス主導のAIソリューションの3つの原動力について言及しました。

ABBロボティクスディビジョンのプレジデント、マーク・セグーラは、「これからの1年は、AIの重要な役割への注目が高まるでしょう」と述べています。「モバイルロボットや協働ロボットから、新しい分野での新しいロボットアプリケーションの実現や、人々の学習と開発の新しい機会の創出まで、AIの新しいフロンティアは産業用ロボットの未来を再定義しています」

1 - AIはロボットアプリケーションにおいて新たなレベルの自律性を促進する

加速するAIの進歩は、産業用ロボットで何が可能かを再定義しています。AIは、ロボットのグリップ能力、ピッキング能力、配置能力、ダイナミックな環境をマッピングしてナビゲートする能力など、あらゆるものを強化しています。モバイルロボットから協働ロボット、そしてその先にあるものまで、AIはロボットに前例のないレベルのスピード、正確さ、可搬能力を与え、柔軟な工場、倉庫、物流センター、ラボなどの環境で、より多くのタスクを担うことを可能にしています。

「AI対応モバイルロボットは、ディスクリート製造、物流、ラボといった分野を変革することができます」とセグーラは語ります。「例えば、ABBの新しいVisual Simultaneous Localization and Mapping(Visual SLAM)技術を搭載したロボットは、高度なマッピングとナビゲーションのスキルを持ち、新しいレベルの自律性を実現すると同時に、旧世代のガイドロボットが必要としていたインフラを大幅に削減します。これは、直線的な生産ラインからダイナミックなネットワークへのシフトに道を開くもので、大幅な効率化を実現し、より退屈で汚く危険な仕事を引き受け、労働者がよりやりがいのある仕事に就けるようにします」

ビジュアルSLAMナビゲーションを用いたABB AMR
ビジュアルSLAMナビゲーションを用いたABB AMR
center

2 - AIによってロボットは新たな分野に参入する

AIを活用したロボティクスがもたらす可能性は、製造業をはるかに超える分野に影響を及ぼしています。2024年、これらのテクノロジーは、ヘルスケアやライフサイエンス、小売業など、よりダイナミックな環境に大幅な効率改善をもたらすと期待されているのです。もうひとつの例は建設業界で、AIを活用したロボティクスは、生産性の向上、安全性の強化、持続可能な建設慣行の実現に大きく貢献すると同時に、成長を促進することができます。

「建設業界は、AIを搭載したロボットが変革をもたらし、労働者不足、安全性の問題、生産性の停滞など、今日業界が直面している多くの問題に対処することで真の価値を提供することが証明される分野の好例です」とセグーラは述べています。「AIによって強化された認識や意思決定などの能力と、協働ロボットの進歩が相まって、作業員と一緒に安全に作業することが可能になります。 これらの進歩により、ロボットはレンガ積み、モジュール組立て、3Dプリントなどの重要な作業をより正確かつ迅速に行うことができるようになります。また、現場でのコンクリート混合などの排出量の削減や、現場での組立てによる資材の長距離輸送の必要性の削減など、より持続可能な建設に貢献します」

ABBの3DQI品質検査セルは、髪の毛の幅の半分以下の欠陥を検出できます
ABBの3DQI品質検査セルは、髪の毛の幅の半分以下の欠陥を検出できます
center

3 - AIは教育とロボットとの協働に新たな機会を提供する

AIとロボティクスの進歩は、トレーニングや教育にとって重要であり、自動化スキルのギャップを埋め、ロボットをより多くの人々や企業にとって身近なものにします。AIがリードスルーや自然言語によってプログラミングを容易にすることで、教育はプログラミングのスキルを教えるだけでなく、ロボットがいかに効率的に人間を支援するかにシフトすることができるのです。この移行は、ロボットをより親しみやすくし、より多くの人々にロボットを提供することで、労働力とスキル不足を緩和しながら、新たな仕事の展望をもたらすでしょう。

「ロボットのプログラミングやサポートに必要なスキルを持つ人材の不足は、特に中小製造業において、ロボットによる自動化導入のハードルとなってきました。「ジェネレーティブAIの進歩によって自動化への障壁が低くなり、プログラミング以外の教育にも重点が置かれるようになれば、この問題はますます克服されるでしょう。AIを活用した自然言語プログラミングの発展により、作業員がロボットに口頭で作業を指示することができるようになり、人間とロボットの相互作用に新たなダイナミズムが生まれるでしょう」

自然言語によるプログラミング
自然言語によるプログラミング
center

ABB ロボティクス - 革新の50年

AIを搭載したロボティクスの継続的な開発は、1974年に世界初の商業用全電動ロボットIRB 6の発売から始まったABBのロボットイノベーション50年の物語の最新章です。以来50年、ABBはロボットによるオートメーションを通じて、お客さまの生産性、効率性、持続可能性の向上を支援する新しい方法を開拓しています。LinkedIn、X、Facebook、InstagramでABB Roboticsを検索するか、new.abb.com/products/robotics/events/50-years-of-robotic-innovationで最新ニュースをご覧ください。

center

ABBロボティクス&ディスクリート・オートメーションは、世界有数のロボティクスおよびマシンオートメーションサプライヤとして、価値創造型ソフトウェアによって設計、構築されたロボット、AMR、マシンオートメーションソリューションを網羅した包括的かつ統合的なポートフォリオを有する唯一の企業です。私たちは、自動車からエレクトロニクス、ロジスティクスまで、あらゆる規模、あらゆる分野の企業が、より弾力的で柔軟、かつ効率的になるための支援を行っています。ABBロボティクス&ディスクリート・オートメーションは、未来のコネクテッド&コラボレーティブな工場への移行を目指すお客さまをサポートします。このビジネスエリアでは、約53カ国、100以上の拠点で約11,000人の従業員が働いています。go.abb/robotics

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp