電動車両用のABB社製急速充電器を羽田空港内に設置

電動車両用のABB社製急速充電器を羽田空港内に設置

  • ABB社の急速充電器「Terra CE 54 CJG」を羽田空港の制限エリア内に設置し、電動GSE車両を充電 (注)GSE(Ground Support Equipment):航空機地上支援機材
  •  急速充電器は国内外の3規格に対応し、海外の空港における実績あり
  •  ANAグループのカーボン・ニュートラルに向けたトランジション戦略を推進

ABB社は、ANAグループの電動GSE車両の充電施設において、急速充電器「Terra CE 54 CJG」を羽田空港の制限エリア内に設置しました。国内空港において、空港の制限エリア内に電気自動車(EV)用の急速充電器を設置するのはANAグループとして初となります。

本充電器は、国内規格(CHAdeMO)、海外規格(AC規格およびDC CCS 2)の合わせて3規格に対応し、今後導入される車両にも対応できます。既に海外の空港における電動GSE車両の充電で実績があります。

ANAグループは、持続可能な航空燃料(SAF)の導入など航空機そのもののカーボン・ニュートラルへの取り組みに加え、地上施設における取り組みも実施し、運航全体でカーボン・ニュートラルに向けたトランジション戦略を推し進めます。

center

ABB E-モビリティは、電気自動車 (EV) 充電ソリューションのグローバルリーダーとして、より持続可能で資源効率の高いもビリティの未来を目指しています。基礎充電用スマート充電器から未来の高速道路SAなどの経路充電用の急速充電器、フリート電動化、電気バス・トラック充電用ソリューションまで、EV充電ソリューションの幅広いポートフォリオを提供しています。85以上の市場で、DC急速充電器5万台以上を含め、100万台以上のEV充電器を販売しています。日本国内では、昨年までに450台のDC急速充電器が設置され、今年その設置台数は約2倍となる予定で、国内のインフラ整備に大きく貢献しています。

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp