自動車業界、欧州のエネルギーコスト上昇と米国の労働賃金を重要課題として指摘

自動車業界、欧州のエネルギーコスト上昇と米国の労働賃金を重要課題として指摘

  • 第2回ABB自動車製造業グローバル・アウトルック調査で欧州のエネルギーコスト上昇と米国の労働賃金への懸念が明らかに
  • 電気自動車(EV)の生産期限に対する疑念は、主要なスキル不足との関連の可能性
  • ABBの電力効率に優れたオートメーションソリューションが主要課題に対応

ABBロボティクスと業界のスペシャリストであるオートモーティブマニュファクチャリングソリューションズ(AMS)が委託した新たなグローバル調査により、欧州におけるエネルギーコストの上昇と米国の労働賃金の高騰が自動車業界にとって大きな課題となっていることが明らかになりました。

ABB ロボティクスが自動車業界を対象に実施した第2回年次バロメーター調査によると、欧州の回答者の半数以上(53%)がエネルギーコストの上昇をトップ3の懸念事項の1つに挙げています。北米では、63%が人件費の上昇を最大の懸念事項としており、おそらく最近の組合交渉によって組合員の給与が2桁の上昇を確保したことが、この懸念を増幅させたものと思われます。

ABB ロボティクス自動車ビジネスラインのマネージングディレクターであるヨルグ・レジャーは、次のように述べています。「第2回目の調査では、人件費とエネルギーコストの上昇が目立ちました。しかし、製造現場でのエネルギー消費を削減するソリューションはすでに利用可能です。ABBのOmniCoreTMのような新世代のインテリジェントオートメーションやロボットコントローラは、最先端のソフトウェア、軽量素材、回生システムの使用により、電力使用量を最大20%削減します」

EV生産期限の実現可能性に対する疑念は依然高いまま

ABBが初めて実施した「グローバル自動車製造アウトルック調査」では、純粋な電気自動車生産に移行するための法的スケジュールが達成可能かどうかについて、業界の専門家に質問しました。今年の調査では、このテーマが再び取り上げられ、移行が実現できると強く信じている回答者の数が11%から今年はわずか8%に減少したことが示されました。また、半数以上(53%)が、目標達成は不可能だと考えていることがわかりました(前年は59%)。

特定の技能不足が示唆するもの

EVの期限を疑問視する理由のひとつは、主要な技能不足に関する懸念にあると考えられます。回答者全体の半数以上(54%)が、特定の技能不足が製造に大きな影響を及ぼすと考えており、欧州(52%)とアジア(58%)の参加者は、EVとバッテリの専門知識を主な懸念分野として挙げています。

オートモーティブマニュファクチャリングソリューションズ(AMS)のオートモーティブアナリスト、Daniel Harrison氏は、「非常に特殊な分野におけるスキル不足は、依然として業界の懸念事項です。EVの生産が加速するにつれて、自動車業界に新しい人材を呼び込むだけでなく、既存の従業員を大量にスキルアップまたは再雇用する必要性がより重要になります。EVの製造は、ソフトウェア、電気、および高度な電子機器の内容の増加と連動して、新しい、異なるスキルを必要とし、この調査は、より多くのことを行う必要があるという信念を反映しています」と述べています。

ABB ロボティクスはこの課題に対応するため、世界中の何百もの学校や大学と共同で開発したアウトリーチプログラムに投資し、学生に将来のスマート製造ソリューションの基礎となる自動化とソフトウェアのスキルを教えています。STEM.orgによって認証された同社の教育用ロボットIRB 1090は、ロボット・プログラミングの基礎を学ぶ学生を支援するよう設計されています。

サプライチェーンの混乱が浮き彫りに

この調査では、世界的な情勢不安によるサプライチェーンの混乱が、しばしば部品不足や生産の遅れにつながっていることも強調されました。全回答者の3分の1以上(35%)がこの問題を取り上げており、中でも北米の回答者(51%)が急増し、同地域の製造業における最大の課題として挙げられています。

ABBは、この調査を通じて、自動車メーカーやサプライヤのあらゆるレベルの管理職や技術職、その他自動車製造業界の主要な専門家から、さまざまなトピックに関する意見を集めました。

ABB AMS Automotive Manufacturing Outlook Surveyの詳細については、こちらをご覧ください【英語】:リンク

ABB は、エレクトリフィケーションとオートメーションのテクノロジーリーダーであり、より持続可能で資源効率の高い未来の実現を目指しています。ABBのソリューションは、エンジニアリングのノウハウとソフトウェアを結び付け、製造、移動、電力供給、それらの運用の方法を最適化します。140年以上にわたる卓越性を基盤に、ABBの約105,000人の従業員は、産業変革を加速するイノベーションの推進に取り組んでいます。  www.abb.com

ABBロボティクス&ディスクリート・オートメーションは、世界有数のロボティクスおよびマシンオートメーションサプライヤとして、価値創造型ソフトウェアによって設計、構築されたロボット、AMR、マシンオートメーションソリューションを網羅した包括的かつ統合的なポートフォリオを有する唯一の企業です。私たちは、自動車からエレクトロニクス、ロジスティクスまで、あらゆる規模、あらゆる分野の企業が、より弾力的で柔軟、かつ効率的になるための支援を行っています。ABBロボティクス&ディスクリート・オートメーションは、未来のコネクテッド&コラボレーティブな工場への移行を目指すお客さまをサポートします。このビジネスエリアでは、約53カ国、100以上の拠点で約11,000人の従業員が働いています。go.abb/robotics

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp