ABB FIAフォーミュラE世界選手権が東京で初開催、エネルギー転換のレースが幕開け

ABB FIAフォーミュラE世界選手権が東京で初開催、エネルギー転換のレースが幕開け

  • フル電動フォーミュラマシンによるモータースポーツ選手権シーズン10、3月30日に東京で開催
  • ABB e-モビリティ関連技術が陸上と水上での排出量を削減
  • 国際的賞を受賞したノンスプレー塗装技術「PixelPaint」を静岡県島田市で開発

ABB FIAフォーミュラE世界選手権が、初めて日本で開催されます。

東京湾のウォーターフロントに位置する東京ビッグサイトを囲む全長2.58kmのサーキットは、東京の市街地を背景に18のコーナーが設置され、タイトな連続コーナーと高速エリアの組み合わせで構成されているのが特徴です。

ABB株式会社の代表取締役社長である中島秀一郎は、次のように述べています。「東京は世界で最も技術的に進んだ都市のひとつであり、ABB FIAフォーミュラE世界選手権の開催地として最適です。このシリーズは、ABBが110年以上の歴史の中で日本の社会と産業の変革に影響を与えながらイノベーションを推進してきたように、モビリティと電動化スポーツのイノベーションを推進します」

2030年までに空港の温室効果ガス排出量を46%削減するという目標達成を支援するため、ABBのDC急速充電器が、羽田空港の制限区域内にあるANAグループの電動地上支援機材車両の充電設備に設置されています。この充電器は、将来の電動化ニーズに備えるため、3つの充電規格に対応するよう設計されています。

center

充電インフラに加えて、ABBは、この充電プロセスをさらに効率化する技術を提供しています。ABBは、国立研究開発法人 産業技術総合研究所 (AIST) による実証事業にエネルギー最適化ソリューションを提供し、EVバスの合理的な価格での導入・運用を目指し、持続可能な社会の実現に貢献します。このソリューションにより、運行計画、電力価格、系統容量等のデータを取り込み最適化した充電スケジュールを生成することができます。

道路以外でも、ABBは他の輸送形態の電動化を支援しています。ABBと日立建機は、フル電動ダンプトラックを共同開発しました。ABBのBORDLINE® バッテリシステムを搭載したこのゼロ・エミッション車両は、パンタグラフを介して架線から電力を取り込みます。また、バッテリは下り坂を走行中のブレーキによる回生エネルギーを利用して充電されるため、走行中の排出ガスが削減されます。洋上では、ABBは、株式会社IHI原動機と契約し、日本の曳船専門会社である東京汽船株式会社向けに東京湾港向け電動タグボートを開発しました。

日本で初めて運航される電気推進タグボート「大河」は、Onboard DC Grid™を搭載し、エネルギー源と負荷をシンプルで柔軟かつ機能的に統合します。

ABBの技術は自動車の充電だけでなく、塗装にも使われています。受賞歴のあるPixelPaintソリューションが開発されたのは、日本の島田市にあるABBのテクニカルセンターでした。この画期的なノンスプレー技術により、どんなデザインも持続可能で手頃な価格で正確に再現できるようになりました。ABBの3DビジョンシステムとRobotStudio®ソフトウェアを組み合わせることで、ペイントヘッドが車体に近接して追従し、空気中のミストを排除して転写効率を100%確保することができます。排出ガスを削減するだけでなく、マスキング材や余分な換気が不要になるため、エネルギーと水を節約できます。自動車メーカーにとっては、生産時間を半分に短縮し、コストを最大60%削減することができるのです。

運輸セクター以外でも、ABBは国内最大級のセメント工場であるトクヤマ南陽工場のエネルギー効率を改善しています。ABB Ability™ Expert Optimizerにより、工業プロセスの制御、安定化、最適化を行い、キルンでの熱エネルギー消費を3%削減し、オペレータの手動操作の回数を約70%削減しました。

日本におけるABBのサステイナビリティ関連技術の詳細については、Race For the Energy Transitionのウェブページをご覧ください。

東京でのレースの後、選手権は4月13日と14日にイタリアのミサノで開催される2レースに臨みます。シーズン・カレンダーは、新たな開催地となる上海を含め、世界10ヵ所16レースで構成されています。

ABB (ABBN:SIX Swiss Ex) は、エレクトリフィケーションとオートメーションのテクノロジーリーダーであり、より持続可能で資源効率の高い未来の実現を目指しています。ABBのソリューションは、エンジニアリングのノウハウとソフトウェアを結び付け、製造、移動、電力供給、それらの運用の方法を最適化します。140年以上にわたり築いてきた卓越性を土台に、ABBの約105,000人の従業員が、産業の変化を加速させるイノベーションの推進に尽力しています。 www.abb.com

フォーミュラEとABB FIAフォーミュラE世界選手権について:

世界初のフル電動のFIA世界選手権であり、創設以来ネット・ゼロ・カーボンの認証を受けた唯一のスポーツであるABB FIAフォーミュラE世界選手権は、世界で最も象徴的な都市の中心で劇的なレースを展開し、世界の主要自動車メーカーに電気自動車のイノベーションを促進するためのエリートモータースポーツプラットフォームを提供しています。

チーム、メーカー、パートナー、放送局、開催都市からなるフォーミュラEネットワークは、このスポーツへの情熱と、人類の持続可能な進歩を加速させ、人々と地球のより良い未来を創造する可能性への確信によって団結しています。 www.FIAFormulaE.com

フォーミュラEに関するメディアのお問い合わせはmedia@fiaformulae.comまでご連絡ください。

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp