ABB、イタリアでeモビリティとデジタルの未来を描く

ABB FIAフォーミュラEチャンピオンシップは、世界初の完全電動ストリートレース・シリーズで、今週末のローマ E-Prixの一環として、シーズン5では初めて欧州に戻る準備を進めています。ABBをタイトルパートナーとするこの先駆的なレースシリーズは、世界中の都市に電気自動車と代替エネルギーソリューションの最新のイノベーションをもたらします。

ローマでは、ABBのイタリアとの100年に及ぶ強力な結びつきを祝うとともに、ABBが同国のeモビリティとデジタル技術の開発を支援していることを強調します。

ABBは、産業、エネルギー、モビリティ、都市の未来を描き、デジタル産業における先駆的技術で貢献します。ABBは、エレクトリフィケーション、自動化、ロボット化、デジタル化を融合させ、現代、そして将来に向けたソリューションを生み出しています。ABBの深い専門知識と、デジタルソリューション、サービスを結び付け、提供する革新的なABB Ability™オファリングにより、お客さまが新しいレベルの柔軟性、効率性、パフォーマンスを達成するお手伝いをします。

EV市場の開拓

ABBの急速充電ステーションは、ABB Ability™のデジタルネットワーク機能に支えられ、電気自動車の普及を加速させています。ABBはDC急速充電の世界的なリーダーであり、73か国で10,500以上のABB DC高速充電ステーションが設置されています。

そしてイタリアは、ABB充電器のさらなる配備において重要な役割を果たしています。ABBのヨーロッパ地域のプレジデント、フランク・ダガンは「ABBはイタリアの電気自動車普及の重要な部分を担っています」と述べました。また、「イタリアはABBのEV充電事業に欠かせない国でもあります」と述べました。フィレンツェ近郊のテッラヌオーヴァ・ブラッチョリーニ工場で、業界トップクラスのEV充電器、Eバス充電器Terraシリーズを製造しているのです。

  • テッラヌオーヴァ・ブラッチョリーニ工場

世界最速のEV充電器「Terra HP」をはじめとするABBのEV充電器には、8分で200kmまでの距離を電気自動車に充電する能力など、さまざまな機能が搭載されています。また、ABB フォーミュラ Eチャンピオンシップの支援カテゴリであるJaguar I-PACE eTROPHYレースシリーズには、輸送が容易で操作性の高いTerra53DC充電器の改良版が使用されています。

世界的にEVの需要が高まる中、充電器のインフラ整備へのニーズも同様に高まっており、ABBのような業界トップクラスの製品は、急成長する需要に応えられるのが理想です。テッラヌオーヴァ工場は、EV充電器市場でABBが重要な役割を果たしていることを反映して、昨年生産量を倍増させました。

eモビリティ

イタリアのように誇るべき自動車の伝統がある国において、EVへの移行を促進するお役に立てることは、ABBにとって特に重要です。イタリアの1人当たりの自動車保有台数は、ヨーロッパのどの国よりも多く、1千人当たり667台となっています。良いニュースは、イタリアのEV市場が急速に拡大し始めたことです。イタリアのEV販売台数は、2017年に前年比70%増と欧州最大の伸び率を記録しました。しかし、イタリアの電気自動車(EV)の割合はヨーロッパの基準においてはまだ比較的低いです。

ABBの革新的な電気自動車充電技術は、変化を促すきっかけになり得ます。2022年までに100万台の電気自動車が走るようにするというイタリアの意欲的な目標に沿って、eモビリティの拡大をサポートします。イタリアは、EVを導入することにより、パリ気候協定の下での炭素削減目標の達成に向けて大きく前進することができます。

さらに、ABBは、一部欧州委員会から資金提供を受けているユニット-eプロジェクトの一環として、イタリアに充電ステーションを提供しています。この計画は、ジェノバからアイルランドのダブリンへの2,000kmのドライブ旅行を電気自動車で行えるようにする充電ステーションのネットワークです。ネットワークが完成すると、ドライバーは、EVメーカー、モデル、電圧、支払いシステムにかかわらず、速やかにかつ容易に車を充電することができます。現在、このネットワークには、ベルギーを中心にイタリア、フランス、イギリスなど約38か所の急速充電ステーションが追加されています。

デジタル化と自動化

ABBは、eモビリティの領域を超えて、業界横断的に実証済みの統合デジタルソリューションを提供しています。革新的なABB Ability™製品群を含むこれらのデジタルソリューションとサービスは、センサ、コネクティビティ、データ解析の力を活用し、ABBの先駆的な技術と深い知見を組み合わせて、リアルタイムでのオペレーションの状況を提供し、予測メンテナンス、安全性の向上、生産性の向上、エネルギー効率の向上、運用コストの削減を可能にします。ここでもイタリアが中心的な役割を果たしています。

リグリア北西部の首都ジェノバでは、ABBがABB Ability™コラボラティブオペレーションセンターを設置し、海洋、発電、水道施設の各セクターを担当しています。ABB技術を搭載した資産やシステムの中枢神経系として機能しています。無数のセンサは、機械、機器、および不可欠なシステムの健全性および性能に関するデータをセンターに送信し、そこでは、高度なソフトウェアが、絶えず高度なデータ分析を実行します。

得られた洞察により、技術者は潜在的な問題を素早く診断し、予防保全について助言し、または安全、運転性能および事業の収益性を改善するための手段を提案し、リアルタイムでお客さまにこの洞察を提供することができます。例えば、ABB Ability™ Collaborative Operationsでは、世界中の船舶の運航をリアルタイムで支援するとともに、気象予報と船積みデータを組み合わせたABBソフトウェアを用いて、船の船長が理想的な航路を描くことを支援し、より安全で効率的な航海を実現しています。ABBは現在、800隻以上の船舶を遠隔監視し、リアルタイムで支援しています。その数は2020年までに3,000隻に増加する予定です。

イタリア、ローマ
イタリア、ローマ

イタリアは第4次産業革命の最前線を目指しており、政府はライトハウス工場プロジェクトを通じて工場のデジタル化を優先課題の一つに掲げています。このイニシアティブは、製造設備のデジタル工場への進化を支援し、推進することを目的としており、プロセス、能力、技術に関連する投資を行っています。ABBイタリアのダルミネ、フロジノーネ、サンタ・パロンバでの事業は、高圧、低圧遮断器が生産されており、スマート製造のための革新的なデジタルソリューションを実現するために、政府からライトハウス工場として認められています。

このプロジェクトは、ABBの生産能力と、ロボット工学と自動化アプリケーションを組み合わせた工場プロセスの効率的な管理を組み合わせたものです。新しいデジタル技術は、より持続可能で革新的なソリューションを推進します。このような取組みにより、イタリアのABBは柔軟な製造の未来を描いています。

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp