ABB、東風ホンダのEV車向けに充電ソリューションを提供

ABB、東風ホンダのEV車向けに充電ソリューションを提供

ABBの充電器は、中国の電気自動車(EV)組立ラインが年間最大12万台のEVの充電性能を保証するのに役立っています

中国の東風汽車集団と日本の本田技研工業の合弁会社である東風ホンダにACおよびDC充電器を納入し、ベストセラーモデルの最終工場検査をサポートしています。

 ABBの充電器は電気自動車の組立ラインに設置され、工場出荷前に各EVをテスト充電できるようになっています。また、すべての車がACとDCの両方の充電を正しく受けられることを確認します。中国湖北省武漢経済技術開発区(湖北省)にある工場は、東風ホンダのベストセラーモデルを中心に生産しており、98万平方メートルを超える広大な敷地で、中国で急増するEV需要に対応しています。

ABBの充電器は、東風ホンダがABBの低・中電圧配電製品を使用した過去の経験に基づいて、組立ライン全体で使用するために選択されました。車検ライン・故障解析エリアに標準60kWのTerra 63Z直流充電器とEVinn 7kW交流充電器を設置しました。検査ラインの狭い場所では、より小型の120kW 2 イン 1 Terra 124Z DC充電器が使用されています

中国自動車工業協会(CAAM)のデータによると、2019年の中国でのEV販売台数は120万台を超え、2年連続で100万台を超えました。

 中国の新エネルギー自動車産業発展計画 (2021~2035年) は、2025年までに、中国で販売される新車の4分の1がEVになると予測しており、さらに、2030年までには6,400万台以上のEVが走行すると予測しています。

 ABBのEモビリティインフラソリューションのグローバル事業責任者であるフランク・ミューロンは、次のように述べています。「充電容量は、中国の急成長するEVの販売と採用に合わせて成長する必要があります。中国の新エネルギー自動車産業の発展に伴い、自動車メーカーは消費者のEVへの嗜好の高まりに対応するために変革を進めています。東風ホンダのEV開発戦略の実現に貢献できることを大変嬉しく思います」

ミューロンは、ABBは今後もEV充電技術への投資を増やし、ユーザの充電体験を継続的に向上させていくと付け加えました。

 EVインフラ分野における世界的リーダーであるABBは、2010年にEV充電市場に参入しました。世界80カ国に14,000台のABBのコネクテッド直流急速充電ステーションが設置されています。中国では、ABBの急速充電ソリューションが30以上の都市で導入され、未来志向で持続可能な交通システムの構築を支援しています。ABBは、配電システムからインフラ、日常の運用・保守に至るまで、様々なニーズを満たすために、eモビリティの分野でエンドツーエンドのクローズドループソリューションを提供しています。

 ABB(ABBN: SIX Swiss Ex)は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするテクノロジー企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、110,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。 www.abb.com

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp