ABBロボットがイタリアの次世代若手エンジニアの教育にどのように役立っているか

  • イタリアでは、多くの学校や高等教育機関で、ロボットプログラミングの実践的なコースがカリキュラムに導入されている
  • ABBとの提携により開発されたこのコースは、現代の産業界で活躍するために必要なスキルを身につけ、質の高い雇用を獲得することができることを旨としています
  • ABBのロボット2種、YuMi®とIRB 120がITT G.Marconi of Rovereto secondary schoolに設置され、周辺地域の学校の生徒の実習に利用されています。

イタリアの学校や高等教育機関では、ロボティクスや協働ロボットの主要な原理や操作方法について若いエンジニアを育成するための新しいコースをカリキュラムに導入しています。ABBと共同で開発されたこのコースは、STEM教育の充実を求めるイタリア政府の要請に応え、16歳から18歳の学生が現代の産業界で活躍するための準備として開発されたものです。

イタリア北東部は産業との結びつきが強く、近隣には多くの中小企業や国際企業が進出しています。そのため、この地域は産業界に入る新入社員の受け皿として最適で、多くの学生がこの地域で就職し、地域経済に貢献しています。学校はMIUR(イタリア教育省)により、生徒と地元産業の両方のニーズに合わせて特定のコースを開発し、カスタマイズすることが許されています。イタリアでは100校以上の中等教育機関がABBの支援を受けてロボット工学のコースを実施しており、その目的は、デジタル化と自動化が進む産業界の職場で効果的に働くために必要なスキルを若者に身に付けてもらうことです。

その一例がITT G. Marconi of Rovereto secondary schoolで、ABBは双腕型協働ロボットYuMiとIRB 120を1台ずつ提供し、学生にロボットオートメーションの基本を教える手助けをしています。このロボットは、地元の他の学校でも利用することができ、学生は実際にハードウェアを操作し、ABBのRobotStudioソフトウェアとRAPIDプログラミングを使ってプログラミングする方法を学ぶことができます。ロボットとソフトウェアを使用することで、学生はプログラミング言語、通信プロトコル、より広いセル内でのロボット統合の可能性などを学ぶことができます。

ITT MarconiのEugenio Berti教諭によると、特にYuMiは、最新世代の産業用ロボットや協働ロボットを使った実践的なスキルを身につけるための魅力的な機会を提供してくれるとのことです。「私たちは、YuMiを大量に導入している地元の大手眼鏡メーカーを見学し、教育ツールとして大きな可能性を秘めていることを知りました。学生たちはYuMiに魅了され、何ができるのか挑戦したくなるようです。2本のアームを同期させるのも大変ですが、ここで培ったプログラミング技術は産業界でそのまま使えるので、学生たちは社会に出てからも十分通用すると思います」

昨年のITTMarconi lでの最終試験プロジェクトでは、学生は複雑なプロジェクトを統合する必要があり、最終的にはロボットを使用して、さまざまな部品から小さなトーチを構築しました。学生たちは、ウェブデザインやコミュニケーションから、ロボットの動きのコミュニケーションやプログラミングに至るまで、ロボティクスのいくつかの側面を組み合わせる必要がありました すべての生徒が試験に合格し、現在、電子工学の分野で大学のコースを受講しています。

Eugenio教諭は、受講生が生来の知識で驚かされることもあるといいます。「ここ数年、受講生が増え、新しい世代はデジタルネイティブのユーザです。FlexPendant HMIのようなツールを与えると、彼らはすでにその使い方について大まかな知識を持っているのです。ABBはこのコースの開発を通じて非常に協力的で、技術サポートとともにコースの教育内容にも大きく貢献し、学校まで来てコースを提供し、教師を訓練しています。また、テキストだけでなく、ビデオレッスンや練習問題など、役立つ教材がたくさんあるオンラインプラットフォームも作ってくれました。このような形でプロジェクトにコミットしてくれるブランドは、他にはないと思います」

教科書と資格

ABBはまた、学校をさらに支援するために、学生の指導や教育に使用できる2冊の教科書を作成しました。1冊は初心者向け、もう1冊は上級者向けです。ABBのロボットトレーニングプログラムを通じて産業界に提供されているコースに基づき、学生がロボットのプログラミングと操作のスキルを向上させるために使用できる情報と演習を提供しています。

ABB ロボティクスの学校教育コーディネーターであるMaurizio Leporiは、「教科書を書くというアイデアは、SeriateにあるMajorana Instituteの教師Loris Latassa氏とのコラボレーションから生まれました」と、学校と共同で教科書を執筆したことを説明します。「RobotStudioを使用した実践的な演習により、ロボティクスの概念を明確にすることで、難しすぎる理論的なトピックで生徒を怖がらせることなく、ワクワクさせることができました」 と述べています。

学生が自分の能力を発揮することができるように、ABBは試験日の管理も支援し、コース終了時には能力証明書を発行します。その後、学生は高等技術機関(ITS)や大学で研究を続けるか、インターンシップや就職を目指すかを決定することができるのです。

カッラーラのZaccagna Galilei Institute の学校長であるMarta Castagna氏は、学生に認定ロボティクスの資格を与えることの利点を実感しています。「この経験は、学校の世界と仕事の世界を結びつけるための基礎となるものであり、私たちは、現代経済のためのスキルを身につけるために、大人向けの夜間クラスも開発しました。ABBとの契約により、生徒たちはロボットプログラミングの能力証明書を取得し、それを雇用主に提出することで、職場で効果的に貢献できるスキルを身につけたことを証明することができるのです。その結果、多くの生徒が質の高い仕事に就いています」

明日の世界へ向けて、今日の生徒を育てる

ロボットによる自動化が将来の工場で大きな役割を果たすと考えられている中、ABBはさまざまなプロジェクトに取組んでおり、世界中の学校、カレッジ、大学の学生が、エンジニアリングや製造から建築に至るまで、ロボットが提供できるメリットを理解できるように支援しています。ABBは、ロボットのプログラミングや操作に必要なスキルと経験を若い人たちに提供することで、将来の雇用機会を創出するとともに、より高いレベルの効率性と生産性を通じて環境への影響を最小限に抑えることを目指しています。詳細については、www.abb.com/robotics をご覧ください。

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp