エネルギー効率化は、産業界が今すぐできるコスト削減と排出量削減のための最良の方法です

エネルギー効率化は、産業界が今すぐできるコスト削減と排出量削減のための最良の方法です

  • 独立系レポートが、産業界のユーザが今すぐエネルギー効率を改善するための10のアクションを紹介
  • エネルギー効率の向上によって、生産性を落とすことなく、短中期的にエネルギーコストと排出量を大幅に削減することができる
  • 産業界は世界最大の電力、天然ガス、石炭の消費者であり、電力需要の42%を占めている

世界中の企業がエネルギーコストと気候変動の緊急性というかつてないプレッシャーに直面している中、エネルギー効率化運動の新しい報告書は、産業界のエネルギー効率の向上が、企業がエネルギーコストと温室効果ガス排出を削減する最も迅速かつ効果的な方法であることを示しています。エネルギー効率化運動は、よりエネルギー効率の高い世界を作るためのアイデア、ベストプラクティス、コミットメントを共有する約200の組織からなるグローバルフォーラムです。

本日発表された「産業用エネルギー効率化プレイブック」には、エネルギー効率の改善、エネルギーコストの削減、排出量の削減のために、企業が今すぐ実行できる10のアクションが記載されています。本書では、迅速に結果を出し、投資収益率を向上させ、大規模な展開が可能な、成熟し、広く利用可能な技術ソリューションに焦点をあてています。

国際エネルギー機関(IEA)のエネルギー効率化担当シニアプログラムマネージャーであるKevin Lane氏は、「エネルギー効率化は、企業にとっても気候変動にとってもメリットがあります」と述べています。「産業界は、再生可能エネルギーの利用拡大、低炭素プロセスへの投資、循環型ビジネスモデルの開発など、あらゆる面で気候変動に取り組む必要がありますが、エネルギー効率化は、排出量削減の短期的見込みが最も高い、ビジネスに特化した機会として際立っています」と述べています。「本報告書に含まれる10のアクションは、既知の費用対効果の高い資源であり、企業が気候変動に対する野心を行動に移すために迅速に規模を拡大して採用することができるのです」

IEAによると、産業界は世界最大の電力、天然ガス、石炭の消費者であり、電力需要全体の42%、34エクサジュール以上に相当します1。鉄鋼、化学、石油化学産業は、世界のエネルギー消費国トップ5(中国、米国、インド、ロシア、日本)の中で最大のエネルギー消費者となっています。このエネルギー消費は、現在のインフレ環境下では高いコストを伴います。また、IEAによると、2021年の最終使用部門からの直接排出量の45%に相当する9ギガトンのCO2の原因となっています。

この報告書のためにインタビューを受けた組織には、ABB、アルファ・ラバル、DHLグループ、IEA、マイクロソフト、スイス連邦工科大学チューリッヒ校などが含まれます。エネルギー監査の実施から、作業量に対して大きすぎるためにエネルギーを浪費しがちな産業機械の適正化まで、さまざまな提言がなされています。オンサイト サーバーからクラウドにデータを移動すると、IT システム.2 で消費されるエネルギーの約 90% を節約できる可能性があります。また、産業用車両の電化、ガスボイラのヒートポンプへの切り替え、メンテナンスの行き届いた熱交換器の使用など、化石燃料からの転換を促進することも効率的です。

「産業用エネルギー効率化プレイブック」には、企業がエネルギー効率を改善し、エネルギーコストを削減し、排出量を削減するために今すぐできる10のアクションが含まれています。
「産業用エネルギー効率化プレイブック」には、企業がエネルギー効率を改善し、エネルギーコストを削減し、排出量を削減するために今すぐできる10のアクションが含まれています。

さらに、センサやリアルタイムのデジタルエネルギー監視を導入し、スタンバイ時に電力を消費するいわゆる「ゴーストアセット」の存在を明らかにすることで、生産を中断することなく効率化を図るデジタルツインとは異なるアクションを実行することができます。電力システム、照明、ブラインド、空調(HVAC)を制御するスマートビルディングソリューションの利用も、産業施設のエネルギー節約につながります。

また、モータ駆動システムのエネルギー効率を最大30%改善できる可変速ドライブの導入も推奨しており、コストと排出量を即座に改善することができます。現在稼働している3億台以上の産業用電気モータ駆動システムを最適化された高効率モータに置き換えた場合、世界の電力消費量を最大10%削減することができます。

ABBのモーションビジネスエリアプレジデントであるタラック・メタは、「産業界には、性能や生産性を犠牲にすることなく、気候変動の緩和やエネルギーコストの削減に貢献するエネルギー効率化ソリューションが存在します」と述べています。「最近のエネルギー効率化技術の進歩により、産業界における改善の可能性は大きく、容易に利用できるようになりました。そこで、この重要な新報告書では、経費削減のために照明を消したり生産を停止したりするのではなく、現在の業務を維持しながらエネルギー使用量と請求額を削減するために経営者が取るべき実践的な手順を説明しています」

エネルギーコストと二酸化炭素排出量の削減についてもっと知りたいと考えているビジネスリーダーや専門家を、この報告書に示された機会とその活用方法について深く掘り下げる特別パネルイベントにご招待します。このイベントは12月13日(火)午後4時(中央ヨーロッパ時間)/午前10時(東部時間)に開催され、その後オンデマンドビデオとして配信されます。登録はこちらから。

ABBは、エレクトリフィケーションとオートメーションのテクノロジーリーダーであり、より持続可能で資源効率の高い未来の実現を目指しています。ABBのソリューションは、エンジニアリングのノウハウとソフトウェアを結び付け、製造、移動、電力供給、それらの運用の方法を最適化します。130年以上にわたり築いてきた卓越性を土台に、ABBの約105,000人の従業員が、産業の変化を加速させるイノベーションの推進に尽力しています。 www.abb.com

「エネルギー効率化運動」は、同じ志を持つステークホルダが集まり、よりエネルギー効率の高い世界を目指して革新と行動を起こすための取組みです。2021年にABBが立ち上げたこの運動は、業界全体から好評を得ており、2022年11月現在、約200社が参加しています。https://join.energyefficiencymovement.com/ #energyefficiencymovement

[1] https://www.iea.org/reports/electricity-market-report-december-2020/outlook-2021 

[2] https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=56950

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp