ABBとZume社が使い捨てプラスチックからの脱却を促進

ABBとZume社が使い捨てプラスチックからの脱却を促進

  •  植物由来の農業資材を原料とする100%堆肥化可能なパッケージの開発に関する合意 
  • ABBロボットが生産を自動化し、Zume社のパッケージを使い捨てプラスチックに代わる費用効果の高いものにするために必要な規模と速度を実現します
  • 毎年、世界で生産されている3億8,000万トンのプラスチックのうち、リサイクルされるのは10%以下です。植物由来のパッケージは、埋め立て地や海に捨てられるプラスチックを大幅に減らすことができます

ABBロボティクスは、カリフォルニア州を拠点とし、革新的で堆肥化可能なパッケージを世界的に提供しているZume社と提携することで合意しました。ABBは、Zume社が世界規模で持続可能なパッケージを製造するためのロボットセルを提供し、使い捨てプラスチックへの依存を減らすことに貢献します。

ABBは、今後5年間で、世界中のZume社のお客さまの拠点に最大2,000台のロボットを含む、1,000を超える成形繊維製造製造セル(MFC)を統合し、設置します。ABBは、プログラムマネジメント能力とグローバルソリューションセンターのネットワークにおける自動化のエキスパートを活用して、毎年数百万個の持続可能なパッケージを生産する可能性のあるソリューションを立ち上げるために必要な規模、モジュール性、および速度を可能にします。財務内容は開示されていません。

製造業者は、消費者及び政策立案者から、使い捨てプラスチック包装の代替品を見つけるという圧力に直面しています。新しいパッケージは、持続可能であると同時に、成形が容易で、プラスチックと同等の費用対効果を持つ必要があります。Zume社の包装材は、竹、小麦、藁など、農業生産で持続的に収穫された植物材料の使い残しから作られています。植物原料は、プラスチック包装の生産や廃棄に比べ、水やエネルギーの使用量が大幅に少なく、CO₂排出量も削減できます。プラスチックとは異なり、植物由来の材料は、100%生分解性であり、使用後は簡単に分解されます。

「ABBロボットによるZume社の持続可能なパッケージングの自動化は、使い捨てプラスチックに代わる実行可能で経済的な代替手段となります。Zume社では、世界市場から数兆個のプラスチックを取り除き、希少な資源を保護し、低炭素世界を支える可能性があります」とABBのロボティクス&ディスクリート・オートメーションビジネスエリアのプレジデントであるサミ・アティヤは述べました。「今日、ロボットによる自動化は可能性を広げ、エネルギー使用量、排出量、生産廃棄物を削減する効率的な生産を通じて世界を持続可能にしています。私たちのコラボレーションは、低炭素社会を追求する組織が一緒に働くことで何が可能になるかを示しています」

ABB社のロボットが生産を自動化し、Zume社のパッケージを使い捨てに代わるコスト効率の高いものにするために必要な規模と速度を実現します。
ABB社のロボットが生産を自動化し、Zume社のパッケージを使い捨てに代わるコスト効率の高いものにするために必要な規模と速度を実現します。

Zume社は、食料品、食料品、化粧品、消費財に至るまで、堆肥化可能な包装を作る革新的な製造プロセスを開発し、特許を取得しました。容器は、ABB IRB 6700ロボット2台と一体化されたZume社の成形繊維セルによって植物材料から成形され、各セルは毎日最大2トンの農業材料を処理し、80,000個の持続可能なパッケージを作り出します。ABBと協力して、Zume社は各工場に最大100個のロボットセルを設置することを予定しています。MFCによって提供される自動化、高速化、拡張性を用いて、各拠点では、毎年71,000トンの農業材料を処理する可能性を有し、毎年20億個までのパッケージを生産することができるようになります。

「2050年までに、私たちは世界の海では魚よりもプラスチックが多くなると予測しており、誰もが使い捨てプラスチックから脱却することが重要です。」とZume社の会長兼CEOであるAlex Garden氏は述べました。「ABBの世界的な自動化のエキスパートを利用して、お客さまのための自動化ソリューションを開発し統合することで、パッケージングに革命をもたらし、持続可能な製造がどのようなものかを実証するでしょう。ABBのロボットの柔軟性および拡張性は、効率的な自動化された製造プロセスを可能にします。これは、私たちがプラスチックに代わる、実行可能で費用効果があり、堆肥化可能な代替品を提供し、製造業者がより環境に優しくなるのを助けることができることを意味します」

パイロットプロジェクトは、インド最大の木材・農業関連の製紙会社であるSatia Industries社にZume社とABBによって設置されました。10個の製造セルからなる施設では、20トンの麦わらを毎日処理して、さまざまな産業の向けに100%堆肥化可能なパッケージを製造します。

「Zume社とABBとの協力により、Satia Industries社は、持続可能な方法で製造され、容易に堆肥化される高性能で、手頃で、信頼性のある製品へのお客さまの期待に応え、それを超えることができるようになりました」とSatia Industries社のCMDであるAjay Satiah博士は述べました。「会社に大きな価値をもたらすだけでなく、今日使用されている製品に比べて、より現代的で、信頼性があり、カスタマイズされた製品へのお客さまの移行を支援する持続可能なソリューションを提供することで、地球を支えることができます」

この他にも、インドに本社を置く世界有数の製紙パルプ機械メーカーであるParson Groupや、米国テキサス州に本社を置き、初の再生可能エネルギーを100%使用した堆肥化可能なパッケージ工場であるJefferson Enterprise Energy社などが試験導入を予定しています。

1 国連環境計画

ABB(ABBN: SIX Swiss Ex)は、より生産的で持続可能な未来の実現に向けて社会と産業の変革に活力を与える、世界をリードするテクノロジー企業です。ソフトウェアをエレクトリフィケーション、ロボット、オートメーション、モーションのポートフォリオに結びつけることで、ABBはテクノロジーの限界を押し広げ、パフォーマンスを新たなレベルに引き上げます。130年以上にわたる卓越した歴史を持つABBの成功は、100カ国以上、105,000人の才気あふれる従業員によって支えられています。 www.abb.com 

Zumeについて:2015年に設立され、カリフォルニア州カマリロに本社を置くZume社は、プラスチックパッケージの経済的に実現可能な代替品で、世界のプラスチック廃棄物を積極的に削減しています。世界最先端の成形繊維製造システムの開発者であるZume社は、サステナビリティソリューションのグローバルプロバイダであり、食品、飲料、ヘルスケア、CPGの各カテゴリにおいて、サステナブルな製造ソリューションとサービスを幅広く提供しています。詳細については、www.zume.comをご覧ください。

リンク

お問い合わせ先

ダウンロード

記事を共有する

Facebook LinkedIn Twitter WhatsApp